Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link サーバー起動同期 » サーバー起動同期チュートリアル » チュートリアル:ライトウェイトポーリングを使用したサーバー起動同期の設定

 

レッスン 6:リモートデータベースの設定

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:統合データベースの設定を参照してください。

このレッスンでは、SQL Anywhere リモートデータベースを作成し、同期パブリケーション、ユーザー、サブスクリプションを作成します。

 ♦ Mobile Link クライアントデータベースの設定
  1. dbinit コマンドラインユーティリティを使用して、Mobile Link クライアントデータベースを作成します。

    次のコマンドを実行します。

    dbinit SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM
  2. dbeng12 コマンドラインユーティリティを使用して、Mobile Link クライアントデータベースを起動します。

    次のコマンドを実行します。

    dbeng12 SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM
  3. Interactive SQL を使用して Mobile Link クライアントデータベースに接続します。

    次のコマンドを実行します。

    dbisql -c "SERVER=SIS_CarDealer_LP_DBLSN_REM;UID=DBA;PWD=sql"
  4. Dealer テーブルを作成します。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    CREATE TABLE Dealer (
        name           VARCHAR(10) NOT NULL PRIMARY KEY,
        rating         VARCHAR(5),
        last_modified  TIMESTAMP DEFAULT TIMESTAMP
    )
    COMMIT;
  5. Mobile Link 同期ユーザー、パブリケーション、サブスクリプションを作成します。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    CREATE PUBLICATION CarDealer(TABLE DEALER WHERE 0=1)
    CREATE SYNCHRONIZATION USER test_mluser OPTION ScriptVersion='CarDealer'
    CREATE SYNCHRONIZATION SUBSCRIPTION TO CarDealer FOR test_mluser
    SET OPTION public.ml_remote_id = remote_id;
    COMMIT;
  6. レッスン 7:Mobile Link Listener の設定に進みます。

 参照