Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link テクノロジ » Sybase Central の Mobile Link プラグイン » 同期モデル » [同期モデル作成ウィザード] を使用した Mobile Link アプリケーションの設定

 

リモートスキーマ

同期モデルには、リモートデータベースのスキーマが含まれています。このスキーマは、既存のリモートデータベースまたは統合データベースから取得できます。

既存のリモートデータベースは、次のような場合に使用します。

  • すでにリモートデータベースがある場合、特にスキーマが統合データベーススキーマのサブセットではない場合。

  • 統合カラムとリモートカラムのタイプが異なっている必要がある場合。

  • リモートテーブルと統合データベースのテーブルの所有者が異なっている必要がある場合。統合データベースから作成された新しい SQL Anywhere リモートスキーマでは、リモートテーブルの所有者は、統合データベース内の対応するテーブルの所有者と同じになります。別の所有者にするには、設定する所有者により所有される既存の SQL Anywhere リモートデータベースを使用してください。

注意

既存のデータベーススキーマを手動で変更し、スキーマ更新ウィザードを実行すると、Mobile Link プロジェクトで同期モデルを更新できます。 スキーマの更新を参照してください。

モデルの展開時は、モデルでのリモートスキーマの作成方法にかかわらず、リモートデータベースは 3 つのオプションから選択して作成できます。展開時のリモートデータベースのオプションは次のとおりです。

  • 新しいリモートデータベースを作成する。   展開時に、同期モデルのスキーマが使用され、新しいリモートデータベースが作成されます。データベースはデフォルトオプションで作成されます。

  • ユーザーテーブルがない既存のリモートデータベースを更新する。   空のリモートデータベースに展開すると、モデルのリモートスキーマがデータベース内で作成されます。このオプションは、照合など、デフォルトでないデータベース作成オプションを使用する場合に便利です。

    SQL Anywhere データベースの場合、一部のオプションはデータベース作成後には設定できません。 備考、初期化ユーティリティ (dbinit)を参照してください。

    Ultra Light データベースの場合は、データベース作成後にデータベースのプロパティを変更することはできません。 Ultra Light 作成パラメーターの指定を参照してください。

  • モデルと同じスキーマを持つ既存のリモートデータベースを更新する。   このオプションは、同期する既存のリモートデータベースがある場合に便利です。既存のリモートデータベースに直接展開した場合、既存のリモートデータベースは変更されません。既存のリモートデータベースのスキーマがモデルのリモートスキーマと異なる場合に、既存のリモートデータベースに直接展開しようとすると、モデル内のリモートスキーマを更新するよう要求されます。

SQL Anywhere リモートデータベースでは、テーブルと元のデータベースの所有者は同じです。Ultra Light データベーステーブルには、所有者はありません。

 参照