Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:.NET 同期論理の使用

 

レッスン 3:upload_insert イベントへのスクリプトのサブスクライブ

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:Mobile Link 参照を含む CustdbScripts.dll アセンブリのコンパイルを参照してください。

このレッスンでは、Sybase Central を使用して、.NET メソッドを ULCustomer の upload_insert イベント用のスクリプトとして指定します。Sybase Central を使用して CustDB データベースに接続し、upload_insert SQL スクリプトを .NET スクリプトに置き換えてから、イベントを処理する MLExample.CustdbScripts.UploadInsert を指定します。

別の方法として、ml_add_dnet_connection_script ストアドプロシージャーや ml_add_dnet_table_script ストアドプロシージャーも使用できます。これらのストアドプロシージャーは、特に同期イベントを処理するのに多数の .NET メソッドが必要な場合に使用すると、より効率的です。

 ♦ ULCustomer テーブル用の upload_insert イベントへの CustdbScripts.uploadInsert のサブスクライブ
  1. Sybase Central で、[ビュー]  » [フォルダー] をクリックします。

  2. Sybase Central の左ウィンドウ枠の [Mobile Link 12] で、mldotnet_project[統合データベース]mldotnet_db[同期テーブル]ULCustomer の順に展開します。

  3. 右ウィンドウ枠で、custdb 12.0 の upload_insert テーブルスクリプトを選択します。[編集]  » [削除] をクリックします。

  4. 新しい upload_insert テーブルスクリプトを作成します。

    1. [ファイル]  » [新規]  » [テーブルスクリプト] をクリックします。

    2. [テーブルスクリプトを作成するバージョンを指定してください。] リストで custdb 12.0 をクリックします。

    3. [テーブルスクリプトを実行するイベントを指定してください。] リストで upload_insert をクリックし、[次へ] をクリックします。

    4. [新しいスクリプト定義を作成する] を選択し、[.NET] を選択します。

    5. [完了] をクリックします。

  5. ロードする custdb 12.0 の upload_insert テーブルスクリプトの .NET メソッド名を入力します。

    Sybase Central の右ウィンドウ枠で、upload_insert イベント用の次の .NET スクリプトを追加します。

    MLExample.CustdbScripts.UploadInsert
  6. [ファイル]  » [保存] をクリックしてスクリプトを保存します。

  7. Sybase Central を閉じます。

  8. レッスン 4:イベント用のクラスメソッドの指定に進みます。