Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:Oracle Database 10g での Mobile Link の使用

 

レッスン 9:リモート ID の設定

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:スキーマの設計を参照してください。

リモートスキーマでは、各リモートデータベースは 1 人の販売担当者を表しています。作成した同期スクリプトに含まれている論理により、Mobile Link サーバーはリモートデータベースのリモート ID に基づいてデータのサブセットをダウンロードします。データベースのリモート ID は有効な販売担当者識別子の値に設定する必要があります。

リモートデバイスが最初に同期する際に、選択された販売担当者に関するすべての情報がダウンロードされるため、この手順は最初の同期の前に完了している必要があります。

 ♦ リモート ID の有効な販売担当者識別子への設定
  1. 有効な販売担当者識別子を選択します。

    1. SYSDBA 権限を持つ SYS ユーザーとして、Oracle SQL Plus アプリケーションを使用して接続します。コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

      sqlplus SYS/your-password-for-sys as SYSDBA
    2. ORDERS テーブルで有効な販売担当者識別子のリストを表示するには、次の文を実行します。

      SELECT COUNT( SALES_REP_ID ), SALES_REP_ID
      FROM OE.ORDERS GROUP BY SALES_REP_ID;

      この例では、リモートデータベースは SALES_REP_ID が 154 である販売担当者を表しています。

    3. Oracle SQL Plus を終了するには、次のコマンドを実行します。

      exit
  2. データベースのリモート ID の値を 154 に設定するには、次のコマンドを実行します。

    dbisql 
    -c "SERVER=remote_eng;DBN=remote_db;UID=DBA;PWD=sql"
    "SET OPTION PUBLIC.ml_remote_id='154';"
    • dbisql   SQL Anywhere データベースに対して SQL コマンドを実行するためのアプリケーション。

    • ENG   データベースサーバー名として remote_eng を指定。

    • DBN   データベース名として remote_db を指定します。

    • UID   リモートデータベースへの接続に使用するユーザー名。

    • PWD   リモートデータベースへの接続に使用するパスワード。

    • SET OPTION PUBLIC.ml_remote_id='154'   リモート ID を 154 に設定するための SQL 文。

  3. レッスン 10:同期に進みます。