Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:カスタムユーザー認証用の Java と .NET の使用

 

レッスン 3:Mobile Link サーバーの起動

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:カスタム認証用の Java または .NET クラスの作成 (サーバー側)を参照してください。

このレッスンでは、-sl オプションを指定して Mobile Link サーバーを実行し、コンパイル済みファイルを検索するための一連のディレクトリを指定します。

 ♦ Mobile Link サーバー (mlsrv12) の起動
  1. CustDB サンプルデータベースに接続して、mlsrv12 コマンドラインで Java クラスまたは .NET アセンブリをロードします。

    c:\MLauth は、ソースファイルがある実際のディレクトリに置き換えてください。

    Java の場合は、次のコマンドを実行します。

    mlsrv12 -c "DSN=SQL Anywhere 12 CustDB" -o serverOut.txt -v+ -sl java(-cp c:\MLauth)

    .NET の場合は、次のコマンドを実行します。

    mlsrv12 -c "DSN=SQL Anywhere 12 CustDB" -o serverOut.txt -v+ -sl dnet(-MLAutoLoadPath=c:\MLauth)

    authenticate_user synchronization イベントが発生すると、MobiLinkAuth メソッドが実行されます。

  2. レッスン 4:認証のテストに進みます。

 参照