Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:Microsoft Excel との同期

 

レッスン 8:同期

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:Excel ワークシートの設定を参照してください。

dbmlsync ユーティリティを使用して、SQL Anywhere リモートデータベースの Mobile Link 同期を開始します。dbmlsync を起動する前に、注文データとコメントをリモートデータベースに追加します。

 ♦ クライアント側リモートデータの設定と同期
  1. Mobile Link クライアントデータベースに接続していない場合は、Interactive SQL から接続します。

    次のコマンドを実行します。

    dbisql -c "SERVER=remote1;UID=DBA;PWD=sql"
  2. クライアントデータベース内の RemoteOrders テーブルに注文を追加します。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    INSERT INTO RemoteOrders (order_id, product_id, quantity, order_status)
     VALUES (1,12312,10,'new');
  3. クライアントデータベース内の OrderComments テーブルにコメントを追加します。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    INSERT INTO OrderComments (comment_id, order_id, order_comment)
     VALUES (1,1,'send promotional material with the order');
  4. これまでの変更内容をコミットします。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    COMMIT;
  5. コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    dbmlsync -c "SERVER=remote1;UID=DBA;PWD=sql" -e scn=on -o rem1.txt -v+

    次の表は、使用されている各 dbmlsync オプションを説明しています。

    オプション 説明
    -c 接続文字列を指定します。
    -e scn SendColumnNames をオンに設定します。これは、カラムを名前で参照する場合にダイレクトローハンドリングで必要となります。
    -o メッセージログファイル rem1.txt を指定します。
    -v+ -v オプションは、ログを取る情報を指定します。-v+ を使用して、最大冗長ロギングをオンに設定します。

    Mobile Link 同期クライアントの起動が完了すると、同期が成功したことを示す出力画面が表示されます。SQL ベースの同期によって、クライアントの RemoteOrders テーブル内のローが、統合データベース内の RemoteOrders テーブルに転送されました。

    Java の処理によって、コメントが order_central.xlsx ワークシートに挿入されました。order_central.xlsx ワークシートに格納された情報がクライアントにダウンロードされます。

  6. Interactive SQL で、OrderComments テーブルを選択して、ローがダウンロードされたことを確認します。

    Interactive SQL で次の SQL 文を実行します。

    SELECT OrderComments;
    注意

    ダイレクトローハンドリングを使用してダウンロードされたローは、mlsrv12 -v+ オプションによっては出力されず、リモートの -v+ オプションによってリモートログに出力されます。

  7. クリーンアップに進みます。

 参照