Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » Mobile Link クイックスタート » Mobile Link チュートリアル » チュートリアル:XML との同期

 

レッスン 6:Mobile Link サーバーの起動

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。 レッスン 1:XML データソースの設定を参照してください。

このレッスンでは、Mobile Link サーバーを起動します。-c オプションを使用して Mobile Link サーバー (mlsrv12) を起動して統合データベースに接続し、-sl java オプションを使用して Java クラスをロードします。

 ♦ Mobile Link サーバー (mlsrv12) の起動
  1. 統合データベースに接続し、mlsrv12 のコマンドラインでクラスをロードします。

    c:\MLobjxml は、ソースファイルがある実際のディレクトリに置き換えてください。

    次のコマンドを実行します。

    mlsrv12 -c "DSN=mlxml_db" -o serverOut.txt -v+ -dl -zu+ -x tcpip  -sl java (-cp c:\MLobjxml)

    Mobile Link サーバーメッセージウィンドウが表示されます。

    このチュートリアルで使用している Mobile Link サーバーの各オプションの説明を次に示します。オプション -o、-v、-dl は、デバッグとトラブルシューティングの情報を提供します。これらのロギングオプションは、開発環境での使用に適しています。パフォーマンス上の理由から、一般的に -v と -dl は運用環境では使用しません。

    オプション 説明

    -c

    続いて接続文字列を指定します。

    -o

    メッセージログファイル serverOut.txt を指定します。

    -v+

    -v オプションは、ログを取る情報を指定します。-v+ を使用して、最大冗長ロギングをオンに設定します。

    -dl

    画面にすべてのログメッセージを表示します。

    -zu+

    自動的に新しいユーザーを追加します。

    -x

    Mobile Link クライアントの通信プロトコルとパラメーターを設定します。

    -sl java

    クラスファイルを検索する一連のディレクトリを指定し、またサーバー起動時に Java VM をロードします。

  2. レッスン 7:Mobile Link クライアントデータベースの設定に進みます。

 参照