Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere

 

チュートリアル:TestMessage の解説

TestMessage は QAnywhere クライアントアプリケーションのサンプルです。このアプリケーションは、QAnywhere を使用してユーザー独自のメッセージクライアントアプリケーションを作成する方法を示しています。TestMessage では、単一のクライアント間インターフェイスを使用して、メッセージを送信、受信、表示します。このサンプルでは、QAnywhere メッセージングの機能をわかりやすく示すため、人間が読めるテキストメッセージを使用しています。ただし、QAnywhere はテキスト以外のメッセージも扱うことができます。QAnywhere は、多数のクライアントの間でメッセージベースの通信を実現できる、汎用のアプリケーション間メッセージングシステムです。

このチュートリアルは、Windows デスクトップシステムを対象としています。これらのプラットフォームはデモ用に便利です。QAnywhere API は、Windows Mobile デバイスで動作するアプリケーションの作成にも使用できます。Windows Mobile 用には、C++、Visual Basic、C#、Java に対応したソースコードが提供されています。.NET Compact Framework を使用して作成された C# バージョンもあります。


レッスン 1:メッセージング対応 Mobile Link の起動
レッスン 2:TestMessage アプリケーションの実行
レッスン 3:メッセージの送信
レッスン 4:TestMessage クライアントのソースコードの概要
クリーンアップ