Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » サーバー管理要求 » QAnywhere のモニター

 

メッセージの詳細要求

メッセージの詳細要求に関するサーバー管理要求を作成するには、<MessageDetailsRequest> タグを使用します。

メッセージの詳細要求には、要求の登録に必要なすべての情報を含む 1 つまたは複数の <request> タグが含まれます。複数の <request> タグを指定することは、複数のメッセージ詳細要求を別々に送信することと同じです。

この要求により生成される各レポートの返信アドレスを指定するには、オプションの <replyAddr> タグを使用します。このタグが指定されていない場合は、レポートのデフォルトの返信アドレスが送信メッセージの返信アドレスになります。

この要求により生成される各レポートに含まれる要求に対して、ユニークな識別子を指定するには、<requestId> タグを使用します。このフィールドに複数の値を指定すると、一度に複数の要求をアクティブにできます。同じ要求 ID を指定すると、クライアントはアクティブな要求を上書きまたは削除します。

レポートに含めるメッセージを特定するには、<condition> タグを指定します。

詳細リストを指定して、各メッセージのどの詳細情報をレポートに含めるかを特定することもできます。これを行うには、一連の空の詳細要素タグを要求に含めます。

サーバーのダウンタイムを通してイベントの詳細を永続的にすることを指定するには、<persistent> タグを使用します。このタグにはデータを指定する必要はありません。<persistent/> または <persistent></persistent> のどちらのフォームを使用することもできます。

スケジュール設定されたレポートの登録に必要な詳細情報をすべて含めるには、<schedule> を使用します。

<MessageDetailsRequest> タグのサブタグ 説明
<request> 特定の要求に関する情報をグループ化します。複数の <request> タグを指定することは、メッセージ情報に関する複数のサーバー管理要求を別々に送信することと同じです。以下を参照してください。
 Request タグ
 参照