Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » QAnywhere テクノロジ » QAnywhere アーキテクチャー

 

簡単なメッセージングシナリオ

次の図は、簡単な QAnywhere メッセージングの設定を表したものです。わかりやすくするため、クライアントを 1 つだけにしています。ただし、典型的なシナリオでは複数のクライアントが存在し、サーバーメッセージストアによってそれらの間でメッセージが転送されます。

簡単なメッセージングの QAnywhere アーキテクチャー。

このアーキテクチャーは、以下のコンポーネントで構成されています。

  • サーバーメッセージストア   サーバー側ではメッセージがリレーショナルデータベースに格納されます。データベースは Mobile Link 統合データベースとして設定する必要があります。サポートされている統合データベースであればいずれのデータベースでもかまいません。

  • クライアントメッセージストア   各クライアントのメッセージはリレーショナルデータベースに格納されます。QAnywhere では、SQL Anywhere データベースと Ultra Light データベースをサポートしています。データ同期アプリケーションには、SQL Anywhere データベースを推奨します。メッセージの格納と転送専用のアプリケーションには、Ultra Light データベースを推奨します。

  • QAnywhere サーバー   QAnywhere サーバーは、メッセージングが有効になっている Mobile Link サーバーです。Mobile Link 同期は、QAnywhere クライアントと QAnywhere サーバーの間で、メッセージの転送や追跡のための手段として使用されます。Mobile Link は、セキュリティ、認証、暗号化、柔軟性を実現します。また、Mobile Link が使用されている場合、メッセージングとデータ同期を組み合わせることができます。

    QAnywhere サーバーを起動するには、-m オプションを指定して Mobile Link サーバーを起動します。

  • QAnywhere Agent   QAnywhere Agent は、クライアント側のメッセージ送信を管理します。この処理は QAnywhere クライアントアプリケーションから独立しています。

  • QAnywhere クライアントアプリケーション   QAnywhere C++、Java、または .NET API を使用して作成されたアプリケーションから、メッセージを送受信するためのメソッドが呼び出されます。クライアントアプリケーションで使用される基本オブジェクトは QAManager です。

メッセージの送信と受信は、QAnywhere クライアントによって開始されます。サーバー側のメッセージは、クライアントがメッセージ転送を開始するまで取り出されません。QAnywhere クライアントは、「ポリシー」に基づいて、メッセージ転送を実行するタイミングを決定します。ポリシーには、オンデマンド、自動、スケジュール設定、カスタムがあります。オンデマンドポリシーでは、ユーザーがメッセージ転送を制御できます。自動ポリシーでは、クライアントとの間でメッセージの配信準備が行われるたびにメッセージの転送が開始されます。カスタムポリシーでは、転送ルールを使用してメッセージ転送に詳細な制御を追加します。

 参照