Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » QAnywhere テクノロジ » QAnywhere アーキテクチャー

 

Push 通知によるメッセージングのシナリオ

Push 通知は、サーバーから QAnywhere クライアントに配信される特殊なメッセージです。Push 通知は、メッセージがサーバーメッセージストアに着信したときに送信されます。メッセージングサーバーは、受信側クライアントの Listener にPush 要求を自動的に通知します。クライアントは通知を受信するとメッセージ転送を開始し、サーバーで待機しているメッセージを受信したり、カスタムアクションを実行したりします。

Push 通知を使用できるようにするため、QAnywhere アーキテクチャーには 2 つのコンポーネントが追加されています。サーバー側では、QAnywhere Notifier が Push 通知を送信します。クライアント側では、QAnywhere Listener が Push 通知を受け取り、QAnywhere Agent に渡します。

Push 通知を使用しなくてもメッセージはサーバーメッセージストアからクライアントメッセージストアに送信されます。ただし、その場合は、スケジュール転送ポリシーなどを使用してクライアント側からメッセージ転送を開始する必要があります。

Push 通知によるメッセージングのアーキテクチャーは、簡単なメッセージングシナリオで説明したアーキテクチャーを拡張したものです。次の図は、このアーキテクチャーを示しています。

Push 通知を含む QAnywhere アーキテクチャー。

Push 通知を使用できるようにするために、簡単なメッセージングシナリオに次のコンポーネントが追加されています。

  • QAnywhere Notifier   QAnywhere Notifier は Mobile Link サーバーのコンポーネントで、Push 通知を配信するために使用されています。

    QAnywhere Notifier は、メッセージの配信準備が完了したら Push 通知を送信するように特別に構成された Notifier インスタンスです。

  • Listener   Listener は、クライアント側で動作する独立のプロセスです。Push 通知を受信して、QAnywhere Agent に渡す役割を果たします。QAnywhere Agent ポリシーは、Push 通知の受信によりメッセージ転送が自動的に行われるかどうかを決定します。

 参照