Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » コネクター » チュートリアル:JMS コネクターの使用

 

レッスン 1:クライアントおよびサーバーのコンポーネントの設定

 ♦ JMS プロバイダーの準備
  1. サーバーを起動する方法については、JMS サーバーのマニュアルを参照してください。

  2. JMS サーバーで次のキューを作成します。

    • testmessage TestMessage サンプルでは、このキュー名を使用してメッセージを受信します。
    • qanywhere_receive QAnywhere の JMS コネクターでは、このキュー名を使用してメッセージを受信します。

    キューを作成した後、サーバーの再起動が必要になる場合があります。詳細については、JMS サーバーのマニュアルを参照してください。

 ♦ QAnywhere クライアントとサーバーコンポーネントの起動
  1. Sybase Central を使用して、JMS システムの QAnywhere JMS コネクターを作成します。JMS コネクターの設定を参照してください。

  2. コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    mlsrv12 -m -c "dsn=QAnywhere 12 Demo" -sl
    java(-cp JMS-client-jar-files) -vcrs
    -zu+

    ここで、JMS-client-jar-files は、JMS サーバーにアクセスするために必要な jar ファイルのリストです。各ファイル名の間はセミコロンで区切ります。詳細については、JMS サーバーのマニュアルを参照してください。

    Mobile Link サーバーがメッセージングに対応した状態で起動します。

  3. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [QAnywhere] » [SQL Anywhere を使用するチュートリアル] » [SQL Anywhere 用 QAnywhere Agent -- saclient1] をクリックします。

    QAnywhere Agent がロードされます。

  4. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [QAnywhere] » [SQL Anywhere を使用するチュートリアル] » [TestMessage -- saclient1] をクリックします。

    QAnywhere サンプルアプリケーションがロードされます。

 ♦ TestMessage クライアントの JMS バージョンの起動
  1. コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    edit "%SQLANYSAMP12%/QAnywhere/JMS/TestMessage/build.bat"
  2. build.bat ファイルのコードを調べて、JMS サーバーのファイルパスが正しいことを確認します。

    たとえば、EAServer を使用している場合、デフォルト設定は easerver 見出しの下で定義されます。

    :easerver
    REM For EAServer, compile with the following JAR files
    SET easerver_install=c:\program files\sybase\easerver6
    SET jmsjars=%easerver_install%\lib\eas-client-15.jar
    GOTO build_app

    c:\program files\sybase\easerver6 ディレクトリに EAServer がない場合は、正しいインストールディレクトリを示すように easerver_install 変数を更新します。jmsjars 変数が、JMS サーバーの jar ファイルの正しいロケーションを示していることを確認します。

    お使いの JMS サーバーがリストにない場合は、バッチファイルの最初の方で定義した custom ヘッダー設定を使用して、自分の JMS ファイルパスのロケーションを定義します。

    完了したら、変更内容を保存してエディターを終了します。

  3. コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行し、JMS TestMessage クライアントをコンパイルします。

    build.bat JMS-server-name

    JMS-server-namebuild.bat でヘッダー名として示されている JMS サーバーの名前です。設定可能な値は、easerverfioranomqjbosstibcoweblogic、および custom です。デフォルトでは、build.bateaserver を使用します。

  4. コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。

    edit "%SQLANYSAMP12%/QAnywhere/JMS/TestMessage/run.bat"
  5. run.bat ファイルのコードを調べて、JMS サーバーのファイルパスが正しいことを確認します。

    たとえば、EAServer を使用している場合、デフォルト設定は easerver 見出しの下で定義されます。

    :easerver
    REM For EAServer, compile with the following JAR files
    SET easerver_install=c:\program files\sybase\easerver6
    SET jmsjars=%easerver_install%\lib\eas-client-15.jar
    GOTO build_app

    c:\program files\sybase\easerver6 ディレクトリに EAServer がない場合は、正しいインストールディレクトリを示すように easerver_install 変数を更新します。jmsjars 変数が、JMS サーバーの jar ファイルの正しいロケーションを示していることを確認します。

    お使いの JMS サーバーがリストにない場合は、バッチファイルの最初の方で定義した custom ヘッダー設定を使用して、自分の JMS ファイルパスのロケーションを定義します。

    完了したら、変更内容を保存してエディターを終了します。

  6. コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行し、JMS TestMessage クライアントを実行します。

    run.bat JMS-server-name

    JMS-server-namebuild.bat でヘッダー名として示されている JMS サーバーの名前です。設定可能な値は、easerverfioranomqjbosstibcoweblogic、および custom です。デフォルトでは、build.bateaserver を使用します。

  7. JMS 用の TestMessage のウィンドウを、画面右側にすでに置かれている [saclient1 - TestMessage] ウィンドウの下に移動します。

  8. レッスン 2:JMS クライアントから QAnywhere クライアントへのメッセージの送信に進みます。