Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » QAnywhere メッセージ

 

送信先の概要

QAnywhere では、メッセージは送信先宛てに送信されます。送信先は常に識別子とキュー名で構成され、その間はバックスラッシュ (\) で分割されています。次に例を示します。

ianywhere.connector.tibco\SomeQueue
 DEV007\app_queue1
 SalesTeam\queue1

バックスラッシュの前の識別子の意味は、メッセージの宛先が JMS アプリケーションか、送信先エイリアスか、モバイルアプリケーションかによって異なります。

最初の例は、JMS アプリケーション宛てにメッセージを送信する場合を示しています。この場合、識別子は Mobile Link サーバーで実行されている JMS コネクターの ID になります。

2 つ目の例は、モバイルアプリケーション宛てにメッセージを送信する場合を示しています。この場合、識別子は QAnywhere メッセージストアのメッセージストア ID になります。

3 つ目の例は、送信先エイリアス宛てにメッセージを送信する場合を示しています。この場合、識別子は送信先エイリアス名になります。

送信先のキュー名は、識別子が JMS コネクター ID の場合は JMS システムで定義されたキューを指し、識別子がメッセージストア ID か送信先エイリアスの場合は QAnywhere アプリケーションキューを指します。

注意

QAnywhere の送信先は、必ず英字で指定する必要があります。

 参照