Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » QAnywhere メッセージストア

 

クライアントメッセージストア

クライアントメッセージストアには、リモートデバイス上の SQL Anywhere または Ultra Light データベースを使用できます。データ同期アプリケーションには、SQL Anywhere データベースを推奨します。メッセージの格納と転送専用のアプリケーションには、Ultra Light データベースを推奨します。アプリケーションは、QAnywhere API を使用してこのメッセージストアに接続します。Ultra Light データベースをクライアントメッセージストアとして使用する場合、QAnywhere API は、インプロセスの Ultra Light ランタイムではなく Ultra Light エンジンを使用してメッセージストアにアクセスします。

クライアントのメッセージストアは、QAnywhere アプリケーション専用にする必要があります。QAnywhere API を使用する QAnywhere アプリケーション以外のアプリケーションから QAnywhere メッセージストアデータベースにアクセスしないでください。ただし、データベースサーバー内で別のデータベースを実行することはできます。これは、QAnywhere のクライアントメッセージストアと Mobile Link 同期クライアントを同じデバイスで実行する場合に便利です。

リレーショナルデータベースをメッセージストアとして使用することで、安全で高性能なストアを実現できます。

セキュリティ保護されたクライアントメッセージストアの作成を参照してください。


クライアントメッセージストアの設定
SQL Anywhere と Ultra Light クライアントの相違点
クライアントメッセージストアプロパティ