Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » QAnywhere » コネクター

 

Web サービスコネクター

Web サービスコネクターは、特定のアドレスに送信された QAnywhere メッセージを受信し、メッセージが到着したときに Web サービス呼び出しを行います。Web サービス応答は、QAnywhere メッセージとして送信元のクライアントに送り返されます。Web サービスコネクターに送信されるすべてのメッセージは、QAnywhere WSDL コンパイラーによって生成されたプロキシクラスを使用して作成される必要があります。

サーバーファーム環境で QAnywhere メッセージング対応 Mobile Link を実行すると、プライマリサーバーの QAnywhere コネクターのみが起動します。プライマリサーバーが失敗した場合、新しいプライマリサーバーで QAnywhere コネクターが自動的に起動するため、JMS などの外部メッセージングシステムでデータを交換する間もメッセージの順序は保持されます。 詳細については、Mobile Link サーバーのサーバーファームでの実行を参照してください。


Web サービスコネクターの設定
Web サービスコネクターのプロパティ
Web サービスコネクターへのメッセージの送信