Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » バージョン 12.0.1 の新機能 » Mobile Link の動作の変更

 

Mobile Link クライアントの変更

次に、バージョン 12.0.1 で導入された Mobile Link クライアントの動作の変更を示します。

  • [SQL Anywhere の DBMLSync 設定] ウィンドウで次の変更が行われました  

    • [リモートプログレスに対してリトライする][リモートのオフセットが後][リモートのオフセットが前][競合する接続の削除][サイトスクリプト][コマンドラインヘルプ] オプションは削除されました。

    • [パブリケーション] オプションは [サブスクリプション] オプションに置き換えられました。

    • Mobile Link パスワードを変更しようとすると、ソフトウェアはウィンドウを閉じる前に、空以外のパスワードを入力したこと、新しいパスワードと確認用のパスワードが一致することを確認します。

    • 不正な Mobile Link パスワードが入力されたために、同期の試行後にウィンドウが開くと、問題を示すメッセージが表示されます。以前は、エラーメッセージは dbmlsync ウィンドウに表示されました。

  • 永続的な HTTP および HTTPS の同期の新しいデフォルト   デフォルトで、HTTP または HTTPS を使用して同期する Mobile Link クライアント (Ultra Light J を除く) が永続的な同期を使用するようになりました。以前の動作を返すには、クライアントはクライアントネットワークプロトコルオプションで persistent=no を指定する必要があります。