Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » バージョン 12.0.0 の新機能 » 管理ツールの新機能

 

Sybase Central の動作の変更と廃止予定機能

次に、バージョン 12.0.0 で導入された Sybase Central の変更点を示します。

  • Sybase Central 6.1.0 へのバージョン変更   SQL Anywhere 12 には、バージョン 6.1.0 の Sybase Central が含まれています。

  • Sybase Central は、SQL Anywhere バージョン 10x 以降のデータベースのみサポート   バージョン 9 のデータベースサーバーと、バージョン 9 のソフトウェアで作成されたデータベースのサポートが SQL Anywhere プラグインから削除されました。データベースをアンロードして、再ロードファイル、新しいデータベース、または既存のデータベースに再ロードする場合、バージョン 9 以降のデータベースサーバーで稼働している、バージョン 5、6、7、8 または 9 のソフトウェアで作成したデータベースには引き続き接続できます。

    バージョン 6、7、8、9 データベースサーバーで動作するバージョン 5、6、7、8、9 ソフトウェアで作成されたデータベースの場合、一時的に SQL Anywhere プラグインからデータベースに接続して、次のいずれかのタスクを実行できます。

    • データベースを再ロードファイルにアンロードします。

    • データベースをアンロードして、新しいバージョン 12 データベースに再ロードします。

    • データベースをアンロードして、既存のバージョン 12 データベースに再ロードします。

    アンロードされるデータベースのファイルはローカルのコンピューターに置いておく必要があります。

    バージョン 5 以前のサーバーで動作するバージョン 4 以前のソフトウェアによって作成されたデータベースの SQL Anywhere プラグインはサポートされません。

    SQL Anywhere サーバーのアップグレードを参照してください。

  • 32 ビットと 64 ビットのコンピューターがサポートされています。   Sybase Central の設定ファイルの名前が変更されました。

    • 32 ビットのコンピューターでは、.scRepository600 ファイルの名前が .scRepository610_32 に変更されました。

    • 64 ビットのコンピューターでは、インストール環境に応じて、.scRepository600 ファイルの名前を .scRepository610_32 または .scRepository610_64 に変更できます。

  • Sybase Central を配備するときに、プラグイン用の JPR ファイルを作成する必要がなくなった   以前は、Sybase Central と SQL Anywhere を配備するときに、プラグインごとに JPR ファイルを作成する必要がありましたが、Sybase Central で環境変数 %SQLANY12% を使用してプラグインの検出と登録が行われるようになりました。

 SQL Anywhere プラグインの変更機能