Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.0 の新機能

 

マニュアルの強化

  • マニュアルディレクトリの強化   以前は、マニュアルは %SQLANY11%\docs にありました。現在、マニュアルは %SQLANY11%\documentation にあります。個々の HTML ヘルプファイルと PDF ファイルのファイル名も更新されました。

    HTML ヘルプの新しいファイル名は次のとおりです。

    • dbadmin_ja11.chm
    • dbprogramming_ja11.chm
    • dbreference_ja11.chm
    • dbusage_ja11.chm
    • mlclient_ja11.chm
    • mlserver_ja11.chm
    • mlsisync_ja11.chm
    • mlstart_ja11.chm
    • qanywhere_ja11.chm
    • sachanges_ja11.chm
    • saerrors_ja11.chm
    • saintro_ja11.chm
    • scplugin_ja11.chm
    • sqlanywhere_ja11.chm
    • sqlremote_ja11.chm
    • uladmin_ja11.chm
    • ulc_ja11.chm
    • uldotnet_ja11.chm
    • ulj_ja11.chm
    • ulmbus_ja11.chm

  • サポートされているプラットフォームのページに Web サイトからアクセス可能   サポートされているプラットフォームに関する情報は、iAnywhere の Web サイト [external link] http://www.ianywhere.jp/sas/os.html にあります。

  • [Locate] ボタン   HTML ヘルプブラウザーで、[Locate] ボタンを使用して、現在のヘルプページが目次のどこに含まれているかを確認できるようになりました。