Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » バージョン 12.0.0 の新機能 » Mobile Link の動作の変更

 

Sybase Central の Mobile Link プラグインの変更

次に、バージョン 12.0.0 で導入された Sybase Central の Mobile Link プラグインの動作の変更を示します。

  • 同期モデルのマッピングエディターの変更  

    • 同期モデルのテーブルマッピングエディターとカラムマッピングエディターでは、左側に統合データベース、右側にリモートデータベースが表示されるようになりました。テーブルマッピングとカラムマッピングの変更を参照してください。

    • テーブルマッピングエディターには、同期される統合データベースのみが表示されます。テーブルマッピングの方向を [同期しない] に変更することは、テーブルマッピングを削除し、モデルの保存時に、データベーススキーマを変更しないでそのローをエディターから削除することと同じです。

    • 同期されていない統合テーブルのテーブルマッピングを追加し、必要に応じてリモートスキーマにテーブルを追加するには、[テーブルマッピング新規作成] コマンドを使用します。[スキーマの更新] コマンドを使用して、モデルの統合スキーマまたはリモートスキーマを変更することもできます。

    • テーブルマッピングとカラムマッピングの右側の選択に、ドロップダウンリストの代わりにポップアップメニューが使用されるようになりました。メニュー内のすべての選択肢が適合しない場合、オプションのウィンドウ (省略記号ボタンでアクセス) が表示されます。テーブルマッピングでは、同期されていないリモートテーブルのみが表示されます。カラムマッピングでは、リモートテーブル内の同期されていないカラムが、値マッピングのオプションおよびカラムを同期しないオプションとともに表示されます。

    • テーブルマッピングの同期オプションを変更する場合、下ウィンドウ枠が、対応するサブオプションのタブに自動的に切り替わります。

  • VARBIT カラムと LONG VARBIT カラム   リモートスキーマを使用する同期モデルを新しい Ultra Light リモートデータベースに展開する場合、VARBIT カラムと LONG VARBIT カラムの代わりに、VARCHAR カラムと LONG VARCHAR カラムがそれぞれ使用されます。

  • 文デリミターとしての GO の使用   SQL Anywhere データベースと UltraLight データベースでは、同期モデルで文のデリミターとしてセミコロンの代わりに GO が使用されるようになりました。これにより、同期モデルで生成された SQL をリモートタスクの集中管理で使用できるようになりました。