Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » バージョン 11.0.1 の新機能

 

Ultra Light J の新機能

次に、バージョン 11.0.1 で導入された Ultra Light J の追加機能を示します。

  • 追加 SQL サポート   Ultra Light J には、次の追加 SQL サポートがあります。

    • ALTER TABLE

    • CREATE TABLE

    • CREATE INDEX

    • DROP INDEX

    • DROP TABLE

    • TRUNCATE TABLE

    また、次の制約がなくなりました。

    • HAVING がサポートされます。

    • 集合関数内の DISTINCT がサポートされます。

    • CURRENT TIME、CURRENT TIMESTAMP、CURRENT DATE がサポートされます。

    Ultra Light SQL 文を参照してください。

  • DatabaseInfo の新しいメソッド   getPageReads()getPageWrites の 2 つの新しいメソッドが DatabaseInfo インターフェイスに追加されました。これらのメソッドは、DatabaseInfo オブジェクトの作成時点のページ読み込みとページ書き込みの数を返します。DatabaseInfo.getPageReads メソッド [Ultra Light J]DatabaseInfo.getPageWrites メソッド [Ultra Light J]を参照してください。

  • Ultra Light J データベース転送ユーティリティの更新   Ultra Light J データベース転送ユーティリティで、クライアントからのデータベースの転送に加えて、データベースの削除、データベース情報の表示、データベース転送ログの表示または電子メール送信が可能になりました。Ultra Light Java Edition データベース転送ユーティリティ (ULjDbT)を参照してください。