Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 変更点とアップグレード » SQL Anywhere 12 へのアップグレード

 

QAnywhere のアップグレード

QAnywhere アプリケーションをアップグレードすると、統合データベース、アプリケーション、クライアントメッセージストアをアップグレードできます。

統合データベースをアップグレードする方法の詳細については、統合データベースのアップグレードを参照してください。

アプリケーションをアップグレードする場合は、このリリースの新しい機能と変更された動作を確認してください。 SQL Anywhere 12 変更点とアップグレードを参照してください。

 ♦ QAnywhere メッセージストアのアップグレード
  1. QAnywhere ファイルを配備します。

    QAnywhere アプリケーションの配備を参照してください。

  2. 次の手順に従って、メッセージストアをアップグレードします。

    -su オプションまたは -sur オプションを指定して、QAnywhere Agent を実行します。次の項を参照してください。

 QAnywhere Ultra Light クライアントとスタンドアロンクライアントのアップグレード