Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[カラムのプロパティ] ウィンドウ:[制約] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [NULL 値を許可]   カラムの値に NULL 値を許可する場合は、このオプションを選択します。カラムがドメインに基づいている場合は、ドメインの NULL 値の許容を維持するか、またはカラムの値を優先させることができます。NULL デフォルトを参照してください。

  • [NULL 値を禁止]   このカラムで重複値を許容し、NULL 値を許容しないときは、このオプションを選択します。

  • [NULL 値を禁止し、ユニークな値であること]   NULL 値を許容せず、カラムの値を必ずユニークにする場合は、このオプションを選択します。カラムの組み込みデータ型に空間データ型を指定した場合、またはベースタイプが空間データ型のドメインを指定した場合、このオプションは無効になります。[カラムのプロパティ] ウィンドウ:[データ型] タブを参照してください。

 参照