Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » [ODBC 設定] ウィンドウのヘルプ

 

[Oracle 用 iAnywhere ドライバーの設定] ウィンドウ

このウィンドウでは、iAnywhere Solutions 12 - Oracle と呼ばれる Oracle 用の ODBC ドライバーの設定を行うことができます。

  • [データソース名]   データソースを識別するための名前を入力します。

  • [ユーザー ID]   アプリケーションが Oracle データベースへの接続に使用するデフォルトのログイン ID を入力します。ログイン ID が必要なのは、データベースでセキュリティが有効の場合のみです。この場合、システム管理者からログイン ID を取得してください。

  • [パスワード]   アプリケーションが Oracle データベースへの接続に使用するパスワードを入力します。

  • [TNS サービス名]   TNS サービス名を入力します。TNS サービス名は、Oracle インストールディレクトリの network/admin/tnsnames.ora に保存されます。

  • [パスワードの暗号化]   パスワードを暗号化形式でデータソースに保存するには、このオプションを選択します。

 パフォーマンス
 トランザクション