Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[データベースのプロパティ] ウィンドウ:[詳細情報] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [データベースのプロパティ] リスト   データベースのプロパティの名前と値がリストされます。[再表示] をクリックすると値が更新されます。[F5] キーを押しても、値を再表示できます。

    プロパティ名 説明
    AccentSensitive

    アクセント記号の区別のステータスを返します。データベースでアクセント記号が区別される場合は On、区別されない場合は Off、フランス語のアクセント記号の区別規則が適用されている場合は FRENCH を返します。

    Alias

    データベース名を返します。

    AlternateMirrorServerName

    データベースに関連付けられているミラーサーバーの代替名を返します (代替名が指定されている場合)。-sm dbsrv12 データベースオプション (旧式)を参照してください。

    AlternateServerName

    データベースに関連付けられているサーバーの代替名を返します (代替名が指定されている場合)。-sn dbsrv12 オプションを参照してください。

    ApproximateCPUTime

    データベースで使用された累積 CPU 時間の概算値 (秒単位) を返します。この値と実際の CPU 時間との誤差は、通常は 5 ~ 10 % ですが、最大で 50 % に達することもあります。マルチプロセッサーコンピューターでは、CPU (ハイパースレッドまたはコア) ごとに使用時間が積算されるため、すべての接続の累積時間を合計した値が実際の経過時間より大きくなる場合もあります。このプロパティは Windows と Linux でサポートされています。

    ArbiterState

    次のいずれかの値を返します。

    • NULL   ミラーリングされていないデータベースに接続している。

    • connected   監視サーバーはプライマリサーバーに接続している。

    • disconnected   監視サーバーはプライマリサーバーに接続していない。

    データベースミラーリングを参照してください。

    AuditingTypes

    現在有効な監査のタイプを返します。auditing オプションを参照してください。

    Authenticated

    データベースが認証されている場合は Yes、データベースが認証されていない場合は No を返します。

    BlankPadding

    データベースでブランク埋め込み機能が有効になっている場合は、On を返します。それ以外の場合は、Off を返します。

    BytesReceived

    クライアント/サーバー通信中に受信したバイト数を返します。この値は、HTTP 接続と HTTPS 接続の場合に更新されます。

    BytesReceivedUncomp

    圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に受信したバイト数を返します (この値は、圧縮が無効の場合は BytesReceived の値と同じ)。

    BytesSent

    クライアント/サーバー通信中に送信されたバイト数を返します。この値は、HTTP 接続と HTTPS 接続の場合に更新されます。

    BytesSentUncomp

    圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に送信されたバイト数を返します (この値は、圧縮が無効の場合は BytesSent の値と同じ)。

    CacheHits

    キャッシュ内の検索において一致したデータベースページの数を返します。

    CacheRead

    キャッシュ内で検索されたデータベースページの数を返します。

    CacheReadIndInt

    キャッシュから読み込まれたインデックス内部ノードページの数を返します。

    CacheReadIndLeaf

    キャッシュから読み込まれたインデックスリーフページの数を返します。

    CacheReadTable

    キャッシュから読み込まれたテーブルページの数を返します。

    CacheReadWorkTable

    キャッシュワークテーブルの読み込み数を返します。

    Capabilities

    データベースに対して有効な機能ビットを返します。このプロパティは、主にテクニカルサポートを行うために使用されます。

    CarverHeapPages

    クエリ最適化などの短期的な目的に使用されたヒープページの数を返します。

    CaseSensitive

    大文字と小文字の区別のステータスを返します。データベースで大文字と小文字が区別される場合は、On を返します。それ以外の場合は、Off を返します。大文字と小文字が区別されるデータベースでは、データの比較において大文字と小文字が異なるものとして扱われます。この設定は識別子における大文字と小文字の区別には影響しません。パスワードについては、常に大文字と小文字が区別されます。大文字と小文字の区別を参照してください。

    CatalogCollation

    カタログに使用される照合の識別子を返します。このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    CharSet

    データベースの CHAR 文字セットを返します。

    このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    CheckpointLogCommitToDisk

    チェックポイントログのディスクへのコミット回数を返します。

    CheckpointLogPagesInUse

    使用中のチェックポイントログページ数を返します。

    CheckpointLogPagesRelocated

    再配置されたチェックポイントログページ数を返します。

    CheckpointLogPagesWritten

    書き込みが完了したチェックポイントログページ数を返します。

    CheckpointLogSavePreimage

    チェックポイントログに追加されているデータベースページのプレイメージ数を返します。

    CheckpointLogSize

    チェックポイントログのサイズ (ページ数) を返します。

    CheckpointLogWrites

    チェックポイントログへの書き込み数を返します。

    CheckpointUrgency

    最後のチェックポイントからの経過時間を返します。この値は、データベースのチェックポイント時間の設定に対するパーセンテージで表されます。

    Checksum

    データベースのグローバルチェックサムが有効になっている場合は、On を返します (チェックサムはデータベースページごとに作成されます)。それ以外の場合は、Off を返します。重要なページには必ずチェックサムが含まれています。

    Chkpt

    実行されたチェックポイントの数を返します。

    ChkptFlush

    チェックポイント実行中に書き出された一連のページの数を返します。

    ChkptPage

    トランザクションログチェックポイントの数を返します。

    CleanablePagesAdded

    データベースサーバーの起動後、クリアされるようにマークが付けられたページの数を返します。

    CleanablePagesCleaned

    データベースサーバーの起動後、クリアされたデータベースページの数を返します。

    CleanableRowsAdded

    データベースサーバーの起動後、削除されるようにマークが付けられたローの数を返します。

    CleanableRowsCleaned

    データベースサーバーの起動後、削除されたシャドウテーブルのローの数を返します。

    ClientStmtCacheHits

    クライアントに文がキャッシュされていることが理由で、このデータベースには不要な準備文の数を返します。これは、クライアントでの文のキャッシュが無効になった場合に必要となる、追加の準備文の数です。max_client_statements_cached オプションを参照してください。

    ClientStmtCacheMisses

    このデータベースにおいて、クライアントのキャッシュに存在した文の中で、再び準備された文の数を返します。これは、キャッシュされた文が再使用できるか検討されたものの、スキーマの変更、データベースのオプション設定の変更、DROP VARIABLE 文によって再使用できなかった回数です。max_client_statements_cached オプションを参照してください。

    Collation

    データベースが使用する照合を返します。使用可能な照合のリストについては、サポートされている照合と代替照合を参照してください。

    このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    Commit

    ディスクキャッシュのフラッシュをサーバーが強制的に実行した回数を返します。Windows では、バッファーなし (ダイレクト) IO を使用している場合、ディスクキャッシュのフラッシュは不要です。

    CommitFile

    ディスクキャッシュのフラッシュをサーバーが強制的に実行した回数を返します。Windows では、バッファーなし (ダイレクト) IO を使用している場合、ディスクキャッシュのフラッシュは不要です。

    ConnCount

    データベースとの接続の数を返します。プロパティ値には、内部処理に使用されている接続は含まれませんが、イベントと外部環境サポートに使用されている接続は含まれます。

    ライセンスされている接続の使用中の正確な数を取得するには、次の文を実行します。

    SELECT COUNT( * ) FROM sa_conn_info( ) WHERE number < 100000000;
    ConnectedTime

    すべての接続が、これまでデータベースに接続してきた合計の時間数を秒単位で返します。

    接続に対する要求が完了したとき、または接続が切断されたときにだけ値が更新されます。その結果、値は、データベースサーバー内で長いことアイドル状態であるか、実行中でビジーである接続に対しては遅れる可能性があります。値には、データベースイベントやバックグラウンドサーバー接続 (データベースクリーナーなど) といった任意の接続によって増えた時間も含まれます。

    ConnPoolCachedCount

    アプリケーションによって切断されたが、接続プールにキャッシュされた接続の数を返します。

    ConnPoolHits

    再利用されたプール内の接続の数を返します。

    ConnPoolMisses

    キャッシュされたが、再利用できなかった接続プール内の接続の数を返します。

    ConnsDisabled

    現在のデータベースとの接続が無効である場合は On を返し、それ以外の場合は Off を返します。

    CurrentRedoPos

    次のデータベース操作がロギングされるトランザクションログファイルの現在のオフセットを返します。

    CurrIO

    サーバーが発行し、まだ完了していない現在のファイル I/O の数を返します。

    CurrRead

    サーバーが発行し、まだ完了していない現在のファイル読み込み数を返します。

    CurrWrite

    サーバーが発行し、まだ完了していない現在のファイル書き込み数を返します。

    Cursor

    ディスクキャッシュのフラッシュをサーバーが強制的に実行した回数を返します。Windows では、バッファーなし (ダイレクト) IO を使用している場合、ディスクキャッシュのフラッシュは不要です。

    CursorOpen

    ディスクキャッシュのフラッシュをサーバーが強制的に実行した回数を返します。Windows では、バッファーなし (ダイレクト) IO を使用している場合、ディスクキャッシュのフラッシュは不要です。

    DatabaseCleaner

    データベースクリーナが有効になっているかどうかを示す On または Off を返します。

    DBFileFragments

    データベースファイルのフラグメント数を返します。このプロパティは Windows でサポートされています。

    DiskRead

    ディスクから読み込まれたページの数を返します。

    DiskReadHint

    ディスクの読み込みヒント数を返します。

    DiskReadHintPages

    ディスクの読み込みヒントページの数を返します。

    DiskReadIndInt

    ディスクから読み込まれたインデックス内部ノードページの数を返します。

    DiskReadIndLeaf

    ディスクから読み込まれたインデックスリーフページの数を返します。

    DiskReadTable

    ディスクから読み込まれたテーブルページの数を返します。

    DiskReadWorkTable

    ディスクワークテーブルの読み込み数を返します。

    DiskRetryReadScatter

    分散読み込みのためのディスク読み込みリトライ数を返します。

    DiskSyncRead

    同期的に発行されたディスクの読み込み数を返します。

    DiskSyncWrite

    同期的に発行された書き込み数を返します。

    DiskWaitRead

    データベースサーバーによる非同期読み込みの待機回数を返します。

    DiskWaitWrite

    データベースサーバーによる非同期書き込みの待機回数を返します。

    DiskWrite

    ディスクに書き込まれた修正ページの数を返します。

    DiskWriteHint

    ディスクの書き込みヒント数を返します。

    DiskWriteHintPages

    ディスクの収集書き込みヒント数を返します。

    DriveBus

    データベースファイルが接続されているバスのタイプを返します。値は次のいずれかです。

    • UNKNOWN
    • SCSI
    • ATAPI
    • ATA
    • 1394
    • SSA
    • Fibre
    • USB
    • RAID
    • iSCSI
    • SAS
    • SATA
    • SD
    • MMC
    • Virtual
    • FileBackedVirtual

    バスのタイプを判別できない場合、このプロパティは NULL を返します。

    プライマリ DB 領域に対するこのプロパティの値は SYSHISTORY ビューに記録されます。SYSHISTORY システムビューを参照してください。

    DriveModel

    データベースファイルが配置されているドライブのモデル番号を返します。プライマリ DB 領域に対するこのプロパティの値は SYSHISTORY ビューに記録されます。SYSHISTORY システムビューを参照してください。

    ドライブのモデルを判別できない場合、このプロパティは NULL を返します。

    DriveType

    データベースファイルが配置されているドライブのタイプを返します。値は次のいずれかです。

    • CD
    • FIXED
    • RAMDISK
    • REMOTE
    • REMOVABLE
    • UNKNOWN

    UNIX では、UNIX のバージョンとドライブのタイプにより、ドライブタイプを判別できない場合があります。そのような場合、「UNKNOWN」が返されます。

    このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    Encryption

    データベース暗号化またはテーブル暗号化のタイプを返します。値は、None、Simple、AES、AES256、AES_FIPS、AES256_FIPS のいずれかです。

    EncryptionScope

    データベース内に暗号化が可能な部分がある場合、その部分を示す値を返します。値は、TABLE、DATABASE、NONE のいずれかです。

    TABLE は、テーブルの暗号化が有効になっていることを示します。DATABASE は、データベース全体が暗号化されることを示します。NONE は、テーブルの暗号化が有効になっておらず、データベースが暗号化されないことを示します。

    ExprCacheAbandons

    ヒット率が低すぎるために式キャッシュが完全に中止された回数を返します。

    ExprCacheDropsToReadOnly

    ヒット率が低いために式キャッシュが読み込み専用ステータスに変更された回数を返します。

    ExprCacheEvicts

    式キャッシュからの出力数を返します。

    ExprCacheHits

    式キャッシュ内のヒット数を返します。

    ExprCacheInserts

    式キャッシュに挿入された値の数を返します。

    ExprCacheLookups

    式キャッシュ内で実行されたルックアップの回数を返します。

    ExprCacheResumesOfReadWrite

    ヒット率の上昇によって式キャッシュが読み込み/書き込みステータスに戻った回数を返します。

    ExprCacheStarts

    式キャッシュが開始された回数を返します。

    ExtendDB

    データベースファイルを拡張するために追加されたページの数を返します。

    ExtendTempWrite

    テンポラリファイルを拡張するために追加されたページの数を返します。

    File

    パスを含むデータベースルートファイル名を返します。

    このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    FileSize

    SYSTEM DB 領域のファイルサイズ (ページ単位) を返します。このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    FreePages

    SYSTEM DB 領域の空きページ数を返します。FreePages プロパティは、バージョン 8.0.0 以降で作成されたデータベースでのみサポートされます。

    このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    FullCompare

    インデックスのハッシュ値を超えて実行された比較の回数を返します。

    GetData

    GETDATA 要求の数を返します。

    GlobalDBID

    レプリケーション環境でのユニークなプライマリキー値の生成に使用される global_database_id オプションの値を返します。

    HasCollationTailoring

    データベースの作成時に照合の適合化が指定されていたかどうかを示す値を返します。使用できる値は On と Off です。

    HasEndianSwapFix

    プラットフォームのエンディアンに関係なく、データベースがすべてのプラットフォームでビッグエンディアンとリトルエンディアンの両方の UTF-16 エンコードをサポートするかどうかを示す値を返します。使用できる値は On と Off です。

    HashForcedPartitions

    メモリ競合が原因でハッシュ演算子が分割された回数を返します。

    HashRowsFiltered

    ビットベクトルフィルターによって拒否されたプローブロー数を返します。

    HashRowsPartitioned

    ハッシュワークテーブルに書き込まれたロー数を返します。

    HashWorkTables

    ハッシュベースの演算用に作成されたワークテーブルの数を返します。

    HasNCHARLegacyCollationFix

    次のいずれかの値を返します。

    • ON   バージョン 11 以降で作成されたデータベースと、従来の照合フィックスがインストールされ、従来の NCHAR 照合が使用されているバージョン 10 のデータベースサーバーで作成されたデータベースの場合。

    • OFF   従来の照合フィックスがインストールされていないバージョン 10 のデータベースサーバーで作成されたデータベース、または従来の NCHAR 照合が使用されていないバージョン 10 のデータベースサーバーで作成されたデータベースの場合。

    HasTornWriteFix

    部分書き込みからのリカバリを可能にする固定ファイルフォーマットがデータベースにあるかどうかを示す値を返します。

    HeapsCarver

    クエリ最適化などの短期的な目的に使用されたヒープの数を返します。

    HeapsLocked

    キャッシュ内で現在ロックされている再配置可能なヒープの数を返します。

    HeapsQuery

    クエリ処理 (ハッシュ操作とソート操作) に使用されるヒープの数を返します。

    HeapsRelocatable

    再配置可能なヒープの数を返します。

    HttpConnPoolCachedCount

    すべてのプール内のキャッシュされたデータベース接続の絶対数を返します。

    HttpConnPoolHits

    同じサービスで再利用された接続の割合を返します。

    HttpConnPoolMisses

    プールから接続にアクセスできなかったときに割り当てられた新しい接続の割合を返します。このプロパティでは、接続プールを使用するサービスへの HTTP 要求のみがカウントされます。アクセス時、プールのサイズが小さく、またそのプールの最も古い接続が横取りの基準に当てはまらなかったため、接続を使用できなかった可能性があります。

    HttpConnPoolSteals

    別のサービスに接続が属するサービスによって利用された接続の割合を返します。

    再利用可能な直接接続がないサービスの HTTP 要求および最も使用されていない接続のプールサイズと経過時間の条件を満たす場合、サービスは別のサービスから接続を横取りします。

    プールの条件を満たさない場合は、サービスに接続が割り当てられ、HttpConnPoolMisses が増分されます。

    IdentitySignature

    このプロパティは内部でのみ使用されます。

    IdleCheck

    サーバーのアイドルスレッドがアクティブになり、アイドル書き込み、アイドルチェックポイントなどを実行した回数を返します。

    IdleChkpt

    サーバーのアイドルスレッドが完了したチェックポイントの数を返します。アイドルスレッドが最後のダーティページをキャッシュに書き出すたびに、アイドルチェックポイントが発生します。

    IdleChkTime

    アイドル I/O 中にチェックポイントに費やした 100 分の 1 秒単位の時間を返します。

    IdleWrite

    サーバーのアイドルスレッドによるディスク書き込みの数を返します。

    IndAdd

    インデックスに追加されたエントリの数を返します。

    IndLookup

    インデックス内で検索されたエントリの数を返します。

    IOParallelism

    DB 領域がサポートする同時 I/O 操作の推定回数を返します。このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    IOToRecover

    データベースのリカバリに必要な I/O 操作の推定回数を返します。

    IQStore

    このプロパティは内部でのみ使用されます。

    JavaVM

    データベースサーバーがデータベース内で Java を実行するために使用する Java VM を返します。

    Language

    データベース照合によってサポートされている言語のカンマで区切ったリストを返します。言語は 2 文字の ISO フォーマットです。言語が不明である場合、このプロパティは NULL を返します。2 文字の ISO フォーマット言語名とそれに対応する言語のリストについては、ロケール言語を参照してください。

    LastCheckpointTime

    最新のチェックポイントの日時 (ミリ秒単位) を返します。

    LastCommitRedoPos

    データベースによって最後の COMMIT 操作がトランザクションログに書き込まれた後で REDO ログの位置を返します。

    LastSyncedRedoPos

    ディスクに対して書き込みが発行され、データが物理メディアに同期した最後の REDO の位置を返します。この位置よりも前にあるデータは、停電が発生した場合でもディスク上に存在すると考えられます。

    LastWrittenRedoPos ディスクに対して書き込みが発行された最後の REDO の位置を返します。この書き込みはオペレーティングシステム、ディスクコントローラ、またはディスクドライブによってキャッシュできるため、物理メディアに必ずしも同期する必要はありません。
    LockCount

    データベースで保持されているロックの数を返します。

    LockTablePages

    ロック情報の保持に使用されているページの数を返します。

    LogFileFragments

    ログファイルのフラグメント数を返します。このプロパティは Windows でサポートされています。

    LogFreeCommit

    Redo Free Commit の数を返します。Redo Free Commit が発生するのは、トランザクションログのコミットが要求されているが、ログはすでに書き込まれている (コミットが実行されている) 場合です。

    LogMirrorName

    パスを含むトランザクションログミラーのファイル名を返します。

    LogName

    パスを含むトランザクションログファイル名を返します。

    LogWrite

    トランザクションログに書き込まれたページの数を返します。

    LTMGeneration

    このプロパティは内部でのみ使用されます。

    LTMTrunc

    このプロパティは内部でのみ使用されます。

    MaxIO

    CurrIO が到達した最大値を返します。

    MaxRead

    CurrRead が到達した最大値を返します。

    MaxWrite

    CurrWrite が到達した最大値を返します。

    MirrorMode

    データベースミラーリングが使用中でない場合は NULL、-xp オプションで指定されたミラーリングモードが同期の場合は synchronous、それ以外の場合は asynchronous を返します。

    MirrorRole

    次のいずれかの値を返します。

    • primary   プライマリデータベースサーバーまたはミラーサーバー。

    • mirror   ミラーサーバー。

    • copy   現在のプライマリサーバー、現在のミラーサーバー、または別の読み込み専用ノードからログページを取得する読み込み専用ミラーサーバー。コピーノードをプライマリサーバーにすることはできません。コピーノードは、ログページの取得元の親を持つため、子ノードとも呼ばれます。

    データベースミラーリングを参照してください。

    MirrorServerState

    DB_EXTENDED_PROPERTY 関数で使用するときに、次の値の 1 つを返します。

    • NULL   データベースはミラーリングされていません。

    • connected   このサーバーから指定されたサーバーへの接続と、指定されたサーバーからこのサーバーへの接続があります。

    • disconnected   このサーバーと指定されたサーバーとの間には接続はありません。

    • incoming only   指定されたサーバーからこのサーバーへの接続があります。

    • outgoing only   このサーバーから指定されたサーバーへの接続があります。

    データベースミラーリングDB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    MirrorServerWaits

    コピーサーバーへログページを送信するときにデータベースサーバーが 500 ミリ秒を超えて待機した回数を返します。

    MirrorState

    次のいずれかの値を返します。

    • NULL   ミラーリングされていないデータベースに接続している。

    • synchronizing   ミラーサーバーが接続されていないか、プライマリサーバーのログページの読み込みが完了していない。同期実行モードが非同期である場合にも、この値が返されます。

    • synchronized   ミラーサーバーが接続され、プライマリサーバー上でコミットされたすべての変更が反映されている。

    データベースミラーリングを参照してください。

    MultiByteCharSet

    データベースで UTF-8 などのマルチバイト文字セットが使用されている場合は、On を返します。それ以外の場合は、Off を返します。詳細については、マルチバイト文字セットを参照してください。

    Name

    データベース名を返します (Alias と同じ機能)。Alias データベースプロパティを参照してください。

    NcharCharSet

    データベースの NCHAR 文字セットを返します。

    NcharCollation

    NCHAR データに使用される照合の名前を返します。このプロパティには、プロパティ値を問い合わせるときに指定できる拡張機能があります。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    NextScheduleTime

    指定したイベントの次の予定実行時間を返します。このプロパティに対するクエリには、DB_EXTENDED_PROPERTY 関数を使用します。DB_EXTENDED_PROPERTY 関数 [システム]を参照してください。

    OptionWatchAction

    OptionWatchList プロパティに含まれているデータベースオプションを設定しようとしたときに実行されるアクションを返します。sa_server_option システムプロシージャーを参照してください。

    OptionWatchList

    データベースサーバーによってモニターされているデータベースオプションのリストを返します。sa_server_option システムプロシージャーを参照してください。

    PacketsReceived

    受信したクライアント/サーバー通信パケットの数を返します。この値は、HTTP 接続と HTTPS 接続の場合は更新されません。

    PacketsReceivedUncomp

    圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に受信したパケットの数を返します (この値は、圧縮が無効の場合は PacketsReceived の値と同じ)。

    PacketsSent

    送信されたクライアント/サーバー通信パケットの数を返します。この値は、HTTP 接続と HTTPS 接続の場合は更新されません。

    PacketsSentUncomp

    圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に送信されたパケットの数を返します (この値は、圧縮が無効の場合は PacketsSent の値と同じ)。

    PageRelocations

    テンポラリファイルから読み込まれた再配置可能なヒープページの数を返します。

    PageSize

    データベースのページサイズ (バイト単位) を返します。

    PartnerState

    次のいずれかの値を返します。

    • NULL   データベースはミラーリングされていません。

    • connected   このサーバーからパートナーサーバーへの接続と、パートナーサーバーからこのサーバーへの接続があります。

    • disconnected   このサーバーとパートナーサーバーとの間に接続はありません。

    • incoming only   パートナーサーバーからこのサーバーへの接続があります。

    • outgoing only   このサーバーからパートナーサーバーへの接続があります。

    データベースミラーリングを参照してください。

    Prepares

    データベースに対して実行された文の準備作業の数を返します。

    PrepStmt

    現在データベースサーバーが保持している準備文の数を返します。

    ProcedurePages

    プロシージャーで使用された再配置可能なヒープページの数を返します。

    ProcedureProfiling

    データベースのプロシージャープロファイリングが有効になっている場合は、On を返します。それ以外の場合は、Off を返します。

    QueryBypassed

    プランキャッシュから再利用された要求の数を返します。

    QueryBypassedCosted

    オプティマイザーバイパスによってコストを使用して処理された要求の数を返します。

    QueryBypassedHeuristic

    オプティマイザーバイパスによってヒューリスティックを使用して処理された要求の数を返します。

    QueryBypassedOptimized

    オプティマイザーバイパスによって最初に処理されてから、SQL Anywhere オプティマイザーによって完全に最適化された要求の数を返します。

    QueryCachedPlans

    すべての接続においてキャッシュされている実行プランの数を返します。

    QueryCachePages

    実行プランの保存に使用されているキャッシュページの数を返します。

    QueryDescribedBypass

    オプティマイザーバイパスによって処理された DESCRIBE 要求の数を返します。

    QueryDescribedOptimizer

    オプティマイザーによって処理された DESCRIBE 要求の数を返します。

    QueryHeapPages

    クエリ処理 (ハッシュ操作とソート操作) に使用されるキャッシュページの数を返します。

    QueryJHToJNLOptUsed

    ハッシュジョインがネストループジョインに変換された回数を返します。

    QueryLowMemoryStrategy

    メモリ不足が原因でサーバーが実行プランを実行中に変更した回数を返します。使用できるメモリがオプティマイザーの推定よりも少ない、または実行プランが必要とするメモリがオプティマイザーの推定よりも多い場合に、プランが変更されることがあります。

    QueryMemActiveCurr

    クエリメモリをアクティブに使用する要求数を返します。

    QueryMemGrantFailed

    要求がクエリメモリ待ちになり、取得できなかった合計回数を返します。

    QueryMemGrantGranted

    要求に現在付与されているページ数を返します。

    QueryMemGrantRequested

    要求がクエリメモリを取得しようとした合計回数を返します。

    QueryMemGrantWaited

    要求がクエリメモリ待ちになった合計回数を返します。

    QueryMemGrantWaiting

    クエリメモリ待ちになっている現在の要求数を返します。

    QueryOpened

    実行対象の OPEN 要求の数を返します。

    QueryOptimized

    完全に最適化された要求の数を返します。

    QueryReused

    再利用されたクエリプラン数を返します。

    QueryRowsFetched

    このデータベースについて、逐次スキャンまたはインデックススキャンによってベーステーブルから読み込まれたローの数を返します。

    QueryRowsMaterialized

    クエリ処理中にワークテーブルに書き込まれるロー数を返します。

    ReadOnly

    データベースが読み込み専用モードで実行されている場合は、On を返します。それ以外の場合は、Off を返します。

    ReceivingTracingFrom

    トレーシングデータが保存されていたデータベースの名前を返します。トレーシングが追加されていない場合は、ブランク文字列を返します。

    RecoveryUrgency

    データベースのリカバリに要する推定時間を返します。この値は、データベースのリカバリ時間設定に対する割合で表されます。-gr dbeng12/dbsrv12 サーバーオプションデータベースサーバーがチェックポイントのタイミングを決定する方法を参照してください。

    RecursiveIterations

    再帰ユニオンの反復回数を返します。

    RecursiveIterationsHash

    再帰ハッシュジョインでハッシュ方式が使用された回数を返します。

    RecursiveIterationsNested

    再帰ハッシュジョインでネストループ方式が使用された回数を返します。

    RecursiveJNLMisses

    再帰ハッシュジョインでのインデックスプローブキャッシュミスの数を返します。

    RecursiveJNLProbes

    再帰ハッシュジョインにおけるインデックスプローブの試行回数を返します。

    RelocatableHeapPages

    再配置可能なヒープ (カーソル、文、プロシージャー、トリガー、ビューなど) で使用されるページの数を返します。

    RemoteTrunc

    SQL Remote Message Agent 用に最後に確認されたログオフセットを返します。

    ReqCountActive

    処理が完了した要求の数を返します。RequestTiming サーバープロパティが Off に設定されている場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqCountBlockContention

    接続がアトミックアクセスを待ったデータベースへの接続回数を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqCountBlockIO

    データベースへの接続が I/O 処理の完了を待った回数を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqCountBlockLock

    接続がロックを待ったデータベースへの接続回数を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqCountUnscheduled

    接続がスケジューリングを待ったデータベースへの接続回数を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqTimeActive

    要求の処理に要した時間を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqTimeBlockContention

    アトミックアクセスを取得するまでの待ち時間を返します。RequestTiming サーバープロパティが Off に設定されている場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqTimeBlockIO

    I/O 処理が完了するまでの待ち時間を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqTimeBlockLock

    ロックが解放されるまでの待ち時間を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    ReqTimeUnscheduled

    未スケジュール時間を返します。-zt オプションが指定されていない場合は、NULL を返します。-zt dbeng12/dbsrv12 オプションを参照してください。

    RequestsReceived

    クライアント/サーバー通信要求またはラウンドトリップの数を返します。このプロパティでは、PacketsReceived とは異なり、マルチパケット要求を 1 つの要求として数え、活性パケットを計数の対象から除外します。

    Rlbk

    処理されたロールバック要求の数を返します。

    RollbackLogPages

    ロールバックログのページ数を返します。

    SendingTracingTo

    トレーシングデータの送信先を示す接続文字列を返します。トレーシングは追加されていない場合は、ブランク文字列を返します。

    SnapshotCount

    データベースに関連付けられているスナップショットの数を返します。

    SnapshotIsolationState

    次のいずれかの値を返します。

    • On   データベースでスナップショットアイソレーションが有効になっている。

    • Off   データベースでスナップショットアイソレーションが無効になっている。

    • in_transition_to_on   現在のトランザクションの完了後にスナップショットアイソレーションが有効となる。

    • in_transition_to_off   現在のトランザクションの完了後にスナップショットアイソレーションが無効となる。

    allow_snapshot_isolation オプションを参照してください。

    SortMergePasses

    ソート中に使用されたマージパスの数を返します。

    SortRowsMaterialized

    ソートワークテーブルに書き込まれたロー数を返します。

    SortRunsWritten

    ソート中に書き込まれたソート実行の数を返します。

    SortSortedRuns

    実行の生成中に作成されたソート実行の数を返します。

    SortWorkTables

    ソート用に作成されたワークテーブルの数を返します。

    StatementDescribes

    DESCRIBE 要求によって処理された文の合計数を返します。

    StatementPostAnnotates

    セマンティックなクエリ変換フェーズによって処理された文の数を返します。

    StatementPostAnnotatesSimple

    セマンティックなクエリ変換フェーズによって処理されたが、一部のセマンティック変換が省略された文の数を返します。

    StatementPostAnnotatesSkipped

    セマンティックなクエリ変換フェーズが完全に省略された文の数を返します。

    SynchronizationSchemaChangeActive

    アクティブな接続によって START SYNCHRONIZATION SCHEMA CHANGE が発行されたが、STOP SYNCHRONIZATION SCHEMA CHANGE は発行されていない場合、On を返します。START SYNCHRONIZATION SCHEMA CHANGE 文 [Mobile Link]STOP SYNCHRONIZATION SCHEMA CHANGE 文 [Mobile Link]を参照してください。

    SyncTrunc

    Mobile Link クライアントの dbmlsync 実行プログラム用に最後に確認されたログオフセットを返します。

    TempFileName

    パスを含むデータベーステンポラリファイル名を返します。

    TempTablePages

    テンポラリテーブルで使用されるテンポラリファイルのページ数を返します。

    TriggerPages

    トリガーで使用される再配置可能なヒープページの数を返します。

    UserDefinedCounterRate01

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターは、カウンター値の経時変化を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRate02

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターは、カウンター値の経時変化を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRate03

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターは、カウンター値の経時変化を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRate04

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターは、カウンター値の経時変化を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRate05

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターは、カウンター値の経時変化を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRaw01

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターはカウンターの絶対値を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRaw02

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターはカウンターの絶対値を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRaw03

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターはカウンターの絶対値を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRaw04

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターはカウンターの絶対値を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    UserDefinedCounterRaw05

    ユーザーが定義したパフォーマンスカウンターの現在の値を返します。このプロパティのセマンティックはクライアントアプリケーションによって定義されます。このカウンターは、パフォーマンスモニターからもアクセスできます。パフォーマンスモニターはカウンターの絶対値を表示します。

    詳細については、ユーザー定義プロパティを参照してください。

    VersionStorePages

    スナップショットアイソレーションが有効な場合にローバージョンストアで使用されるテンポラリファイルのページ数を返します。

    ViewPages

    ビューで使用される再配置可能なヒープページの数を返します。

    WriteChecksum

    チェックサムが書き出される前にデータベースサーバーによってページに追加される場合は On を返し、それ以外の場合は Off を返します。チェックサムを使用した破損の検出を参照してください。

    XPathCompiles

    データベースサーバーの起動後、(openxml プロシージャー を使用する) XPath クエリがコンパイルされた回数を返します。openxml システムプロシージャーを参照してください。

  • [再表示]   [再表示] をクリックすると、[データベースのプロパティ] リストの値が更新されます。

  • [説明]   選択されているプロパティに関する説明です。

 参照