Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[DB 領域のプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [名前]   DB 領域の名前が表示されます。

  • [タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

  • [ファイル]   DB 領域が示すデータベースファイルの名前が表示されます。

    このフィールドに新しいファイル名またはファイルのロケーションを指定しても、カタログが更新されるだけです。ファイルが作成されたり、ファイルの名前やロケーションが変更されたりすることはありません。DB 領域が SQL Anywhere によって見つけられることを確認する必要があります。このフィールドでファイル名を変更することは、RENAME 句を指定して ALTER DBSPACE 文を実行することと同じです。system DB 領域または temporary DB 領域のファイル名は変更できません。

  • [領域を事前に割り付ける]   [DB 領域の事前割り付け] ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは、ページを追加することで、DB 領域に記憶領域を事前に割り付けできます。ページを追加すると、バルクロードのパフォーマンスが向上します。

 参照