Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » デバッガーのヘルプ

 

デバッガー [ブレークポイントの編集] または [新しいブレークポイント] ウィンドウ

このウィンドウには次の項目があります。

  • [サーバー]   このブレークポイントを適用するデータベースサーバー。

  • [データベース]   このブレークポイントを適用するデータベース。

  • [プロシージャー]   SQL プロシージャーの場合、このブレークポイントを適用するストアドプロシージャー。

  • [条件]   評価結果が真になるべき条件。これが真になった場合に、このブレークポイントによって実行が中断されます。

この条件は、プロシージャー内の変数に関するものでなくてもかまいません。たとえば、特定のユーザーによって作成された接続に適用されるブレークポイントを設定できます。それには、次のような条件を入力します。

CURRENT USER = 'user-name'

探索条件を参照してください。

  • [カウント]   このブレークポイントによって実行が中断されるまでのスキップ回数。0 を指定した場合、そのブレークポイントで常に実行が停止されます。

  • [このブレークポイントを有効にする]   このオプションを選択すると、このブレークポイントによって実行が中断されるようになります。

 参照