Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Interactive SQL のヘルプ

 

[オプション] ウィンドウ:[インポート/エクスポート] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [デフォルトのエクスポートフォーマット]   ファイルをエクスポートするフォーマットを選択するには、ドロップダウンリストからファイルフォーマットを選択します。デフォルトのエクスポートフォーマットはテキストです。このフォーマットは、OUTPUT 文で FORMAT 句を指定しなかった場合にのみ使用されます。

  • [NULL 値のエクスポート方法]   NULL 値をどのようにエクスポートするかを制御します。結果セットで NULL 値が見つかった場合、このオプションで設定された文字列がエクスポートされます。

  • [デフォルトのインポートフォーマット]   ファイルをインポートするフォーマットを選択するには、ドロップダウンリストからファイルフォーマットを選択します。デフォルトのインポートフォーマットはテキストです。このフォーマットは、INPUT 文で FORMAT 句を指定しなかった場合にのみ使用されます。

  • [テキストオプション]   テキストフォーマットのデータをインポートまたはエクスポートするとき、フィールドのセパレーター、引用符文字列、エスケープ文字として使用するデフォルトのシンボルを指定します。

    • [デフォルトのフィールドセパレーター]   テキストファイルで値を区切るために使用されるシンボル。デフォルト値はカンマ (,) です。

    • [デフォルトの引用符]   テキストファイルで文字列を囲むために使用されるシンボル。デフォルト値は一重引用符 (') です。

    • [デフォルトのエスケープ文字]   テキストファイルで印刷不能な文字の代わりに使用されるシンボル。エスケープ文字には 1 バイト文字を 1 つ指定してください。デフォルト値は円記号 (\) です。

    • [デフォルトエンコード]   ファイルのインポート時、エクスポート時に使用されるエンコード。この値を変更した場合、その変更が適用されるのは、現在の Interactive SQL セッションに対してだけです。新しい Interactive SQL セッションを開始すると、デフォルト値に戻ります。デフォルト値は、(デフォルト) です。(デフォルト) を選択した場合、次の順番でエンコードが決定されます。

      • INPUT 文、OUTPUT 文、または READ 文の ENCODING 句に指定されたコードページ

      • Interactive SQL が動作しているコンピューターのデフォルトのコードページ

 参照