Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » [マッピング] タブ » [マッピング]:[詳細]

 

[カラムマッピング] タブ

[カラムマッピング] タブには、マッピングされているカラムが表示されます。

カラムマッピングに削除対象のマークを付けるには、[カラムマッピング] タブでローを選択し、カラムを右クリックして、マッピング方向に [なし] を選択します。このカラムマッピングは、モデルを保存するときに削除されます。

[カラムマッピング] タブには、選択したテーブルマッピングについて次の情報が表示されます。

  • [統合カラム名]   統合データベースで同期するカラムを示します。

  • [統合番号]   このカラムは、SELECT * FROM tablename 文で返されるカラムの順序を示します。

  • [統合タイプ]   統合カラムのデータ型です。

  • [方向]   カラムのマッピング方向です。

    カラム間のマッピングの場合、方向はテーブルマッピングの方向と同じです。カラムは、テーブルと同じマッピングにすることも、同期なしにすることもできます。たとえば、テーブルに双方向のテーブルマッピングが設定されている場合、テーブルのカラムは [双方向][同期しない] のいずれかになります。

    カラムマッピングの方向が [同期しない] である場合、カラムはリモートデータベーススキーマの一部です。モデルが展開されると、カラムはリモートデータベースに作成されますが、情報は同期されません。

    リモートデータベースにカラムを作成しない場合は、モデルからカラムを削除してください。プライマリキーのカラムは削除できません。削除の記録方法の変更を参照してください。

  • [リモートカラム名]   統合カラムがマッピングされるリモートカラムまたはアップロード値、あるいは同期されないかどうかが表示されます。

    統合データベースのテーブルのカラムを [カラムマッピング] タブのアップロード値にマッピングするには、省略記号 (ピリオド 3 つ) をクリックして、[Mobile Link ユーザー名][リモート ID]、または [カスタム] を選択します。[カスタム] を選択すると、Mobile Link 名前付きパラメーターを含めることができる SQL 式を入力できます。アップロード値は、リモートテーブルのカラムに対応しておらず、統合データベースへのアップロードにのみ適用されます。統合プライマリキーカラムをアップロード値にマッピングする場合、対応するサブセットをダウンロードとダウンロード削除にも適用して、ダウンロードのプライマリキーの一意性を保証してください。

    注意

    同期モデルを作成する前からリモートデータベースが存在していた場合、このカラムの情報は推測なので、確認が必要です。

  • [リモート番号]   このカラムは、SELECT * FROM tablename 文で返されるカラムの順序を示します。

  • [リモートタイプ]   リモートカラムのデータ型です。