Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » Mobile Link 同期モデルウィザード

 

同期モデル展開ウィザード:[SQL Anywhere リモート同期クライアントの冗長性] ページ

このページでは、リモート SQL Anywhere 同期クライアントの冗長性レベルを設定できます。このレベルによって、同期クライアントから報告される情報量が決まります。

このページには次の項目があります。

  • [同期クライアント (dbmlsync) ウィンドウとメッセージログに表示する情報のレベルを指定してください。]   次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

    • [最小の同期進行情報]   このオプションを選択すると、各同期の Mobile Link サーバーメッセージウィンドウとエラーログに最小限の情報が報告されます。

    • [中程度の冗長性 (-v)]   このオプションを選択すると、各同期の Mobile Link サーバーメッセージウィンドウとエラーログに少量の情報が報告されます。

    • [デバッグ冗長性 (-v+)]   このオプションを選択すると、各同期の Mobile Link サーバーメッセージウィンドウとエラーログに、デバッグに必要な標準の情報量が報告されます。このオプションを選択すると、c (接続文字列をログに公開) と p (パスワードをログに公開) を除くログのオプションがすべてオンになります。

  • [次のファイルにメッセージログを保存する (-ot スイッチを使用)]   このオプションを選択し、メッセージログファイルを保存するロケーションを入力するか、[参照] をクリックしてファイルを選択します。

 参照