Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » [マッピング] タブ » [マッピング]:[詳細]

 

[サブセットのダウンロード] タブ

[サブセットのダウンロード] タブは、ユーザー、リモート ID、またはカスタムサブセットごとにデータをサブセットする場合に適用されます。

ユーザーまたはリモート ID ごとのサブセットに対して、選択したテーブルマッピングに対する次の情報が [サブセットのダウンロード] タブで表示されます。

  • [統合テーブルでカラムを使用する]   各統合テーブルのカラムを使用する場合は、このオプションを選択します。このオプションを使用するには、統合データベースに Mobile Link ユーザー名が含まれるテーブルや、Mobile Link ユーザー名を作成するためにジョインできるテーブルが必要です。Mobile Link ユーザー名は展開時に選択するため、統合データベースの既存の値と一致する名前を選択できます。(Mobile Link ユーザー名用に使用するカラムは、ユーザー名として使用する値を格納できるタイプである必要があります。)

    • [カラム名]   Mobile Link ユーザー名またはリモート ID を含むカラムを指定します。

  • [ジョインされている関係テーブル内のカラムを使用する]   このオプションを選択した場合は、ジョインを使用して Mobile Link ユーザー名またはリモート ID を指定します。次の項目を指定できます。

    • [ジョインするテーブル]   統合テーブルのカラムを指定します。

    • [一致させるカラム]   ジョインするように選択したテーブルのカラムを指定します。

    • [ジョイン条件]   ジョイン条件を作成するには、[テーブルマッピング] ウィンドウ枠で選択したテーブルからカラムを選択し、上の [ジョインするテーブル] フィールドで指定したテーブルからカラムを選択します。

  • [カスタム]   カスタムダウンロードサブセットに対して、選択したテーブルマッピングに対する次の情報が [サブセットのダウンロード] タブで表示されます。

    • [ダウンロードカーソルの FROM 句に追加するテーブル]   download_cursor で別のテーブルへのジョインが必要な場合に、テーブル名を入力します。ジョインで複数のテーブルが必要な場合は、カンマで区切ります。

    • [ダウンロードカーソルの WHERE 句で使用する SQL 式]   SQL 式を入力します。デフォルトでは、これと同じ式とジョインされたテーブルがダウンロード削除サブセット用に使用されます。削除用にシャドウテーブルを使用しており、同じ式を使用する場合、式にベーステーブル名は使用しないようにします。それができない場合は、カスタムダウンロード削除サブセットを使用します。

 参照