Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » Mobile Link 同期モデルウィザード

 

同期モデル作成ウィザード:[削除のダウンロード] ページ

このページでは、統合データベースから削除をダウンロードするかどうかを指定できます。

このページには次の項目があります。

  • [統合データベース上で削除されたデータを、リモートデータベース上で削除しますか ?]   次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

    • [はい]   [はい] を選択すると、統合データベース内の削除がダウンロードされます。

    • [いいえ]   [いいえ] を選択すると、統合データベース内の削除データがダウンロードされません。

    スナップショットダウンロードを選択し、それ以外のオプションがない場合、スナップショットがダウンロードされる前にリモートデータベース内のすべてのローが削除されます。タイムスタンプベースのダウンロードの場合、次のオプションがあります。

  • [ローの削除の記録方法を指定してください。]   次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

    • [シャドウテーブルを使用して削除を記録する]   このオプションを選択すると、シャドウテーブルを使用して、統合データベース内の削除が追跡されます。統合データベースでローが削除されるたびに、対応するシャドウテーブルではローが追加されます。シャドウテーブルは、ベーステーブルと同じ所有者で作成されます。

      • [タイムスタンプカラム名]   タイムスタンプカラムの名前が表示されます。デフォルトは last_modified です。

    • [論理削除を使用する]   実際にローを削除するのではなく、論理削除を使用する場合は、このオプションを選択します。ローが削除されたかどうかを 1 文字のカラムを使用して示す方法を指定します。

      • [カラム名]   ローが削除されたかどうかを示すカラムの名前を指定します。この名前のカラムがすでに存在する場合は、1 文字のカラムが追加されます。

      • [ローが削除されたことを示す値]   ローが削除された場合のカラムの値を指定します。デフォルトは Y です。1 文字の値だけが許可されます。

      • [ローが削除されていないことを示す値]   ローが削除されていない場合のカラムの値を指定します。デフォルトは N です。1 文字の値だけが許可されます。

      これらのオプションは、同期モデル作成ウィザードの完了後に、[マッピング] タブで表示および修正できます。削除の記録方法の変更を参照してください。

 参照