Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » Mobile Link 同期モデルウィザード

 

同期モデル作成ウィザード:[リモート ID によるサブセットのダウンロード] ページ

このページでは、リモート ID によってデータを分割するために必要な情報を指定できます。このオプションを使用するには、リモート ID が統合データベースにあることが必要です。リモート ID はデフォルトでは GUID として作成されますが、統合データベースの既存の値に一致する ID を設定できます。(リモート ID 用に使用するカラムは、リモート ID として使用する値を格納できるタイプである必要があります。)サブセットのテーブルとは異なるテーブルにリモート ID がある場合は、そのテーブルにジョインする必要があります。

このページには次の項目があります。

  • [同期ユーザーによるサブセットのダウンロードを作成するのに使用する、リモート ID に一致させるカラムを指定してください。]   次のオプションから選択してください。

    • [各ダウンロードテーブルのカラムを使用する]   指定したカラムを含むダウンロードテーブルの各ローは、1 人の Mobile Link ユーザーによってのみダウンロードされます。アップロードも実行されるテーブルの場合は、カラムを同期するか、そのデフォルト値を定義する必要があります。

      • [カラム名]   ドロップダウンリストからカラム名を選択します。ドロップダウンリストには、同期されるすべての統合テーブルの互換性があるカラムすべてが含まれます。

    • [ジョインされている関係テーブル内のカラムを使用する]   サブセットのテーブルとは異なるテーブルにリモート ID がある場合は、そのテーブルにジョインする必要があります。ジョインのために次の情報を指定します。

      • [ジョインするテーブル]   ドロップダウンリストからテーブルを選択します。

      • [一致させるカラム]   互換性があるカラムのドロップダウンリストからカラムを選択します。

      • [ダウンロードしたテーブル T と関係テーブルの、それぞれを次のジョイン条件でジョインするために、カラムを選択してください。]   各ドロップダウンリストからカラムを選択して、テーブルがジョインされる方法を指定します。

これらのオプションは、同期モデル作成ウィザードの完了後に、[イベント] タブで表示および修正できます。ダウンロードサブセットの変更を参照してください。

 参照