Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » Mobile Link 同期モデルウィザード

 

同期モデル作成ウィザード:[サブセットのダウンロード] ページ

各 Mobile Link リモートデータベースには、統合データベースに格納されているデータのサブセットが含まれます。このページでは、これらのサブセットを設定できます。

このページには次の項目があります。

  • [すべてのリモートデータベースが同じデータをダウンロードするようにしますか ?]   次のいずれかのオプションを選択して、すべてのリモートデータベースに同じデータをダウンロードするかどうかを指定します。

    • [はい、各リモートデータベースに同じデータをダウンロードします]   すべてのリモートデータベースに同じデータをダウンロードする場合は、このオプションを選択します。

      注意

      一部のテーブルだけでデータをサブセットする場合は、このオプションを選択することで、すべてのテーブルに対するサブセット化を有効にすることができます。ウィザードが完了したら、非サブセットテーブルのサブセット化を無効にできます。こちらの方法の方が、後で複数のテーブルのサブセット化を有効にするよりも簡単です。

    • [いいえ、リモートデータベースごとに異なるサブセットをダウンロードします]   すべてのリモートデータベースに同じデータをダウンロードしない場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択すると、次のオプションが有効になります。

      • [同期ユーザー]   このオプションを選択すると、Mobile Link ユーザー名によってデータが分割され、登録済みの Mobile Link ユーザーごとに異なるデータがダウンロードされます。

      • [リモート ID]   このオプションを選択すると、リモート ID によってデータが分割され、リモートデータベースごとに異なるデータがダウンロードされます。

      • [ダウンロードカーソルの WHERE 句で SQL 式を使用する]   ダウンロードするローを指定する SQL 式を使用するには、このオプションを選択します。各同期は、SQL 式が true のローのみをダウンロードします。

      サブセットのダウンロードを変更する方法の例については、例 (カスタム)を参照してください。

 参照