Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Mobile Link プラグインのヘルプ » Mobile Link 同期モデルウィザード

 

同期モデル作成ウィザード:[リモートデータベーススキーマ] ページ

同期モデル作成ウィザード[リモートデータベーススキーマ] ページでは、リモートデータベーススキーマを指定できます。リモートスキーマを取得するために既存のリモートデータベースに接続することも、統合データベーススキーマに基づいて新しいリモートデータベーススキーマを作成することもできます。

このページには次の項目があります。

  • [既存のリモートデータベースがありますか ?]   使用できる既存のリモートデータベースがあるかどうかを指定します。

    • [いいえ、新しいリモートデータベーススキーマを作成します]   リモートデータベースのスキーマを統合データベースに基づくようにする場合は、このオプションを選択します。このオプションを選択した場合は、統合データベース内で、リモートデータベースのスキーマの作成に使用するテーブルを後で指定する必要があります。

    • [はい、既存のリモートデータベースを使用します]   SQL Anywhere または Ultra Light の既存のリモートデータベースに接続してモデルのリモートデータベーススキーマを取得する場合はこのオプションを選択します。

      たとえば、次の場合に [はい] を選択します。

      • すでにリモートデータベースがある場合、特にスキーマが統合データベーススキーマのサブセットではない場合。

      • 統合カラムとリモートカラムのタイプが異なっている必要がある場合。たとえば、統合データベースの NCHAR カラムを Ultra Light リモートデータベースの CHAR カラムにマッピングする必要がある場合。

      • リモートテーブルと統合データベースのテーブルの所有者が異なっている必要がある場合。新しい SQL Anywhere リモートデータベースでは、リモートテーブルの所有者は、統合データベース内の対応するテーブルの所有者と同じになります。別の所有者にするには、その所有者がテーブルを所有する既存の SQL Anywhere リモートデータベースを使用してください。Ultra Light データベースは、所有者を持ちません。

      注意

      既存のリモートデータベースのスキーマを変更する必要がある場合は、モデル以外でデータベースを変更してから、スキーマ更新ウィザードを実行してモデルを更新します。

      • [リモートデータベースの選択]   このボタンをクリックして、リモートデータベースのスキーマ情報を取得する既存のリモートデータベースを選択します。

        [接続] ウィンドウが表示されます。リモートデータベースの接続情報を指定します。

        リモートデータベースを選択した後に、次の情報が表示されます。

        • [名前]   リモートデータベースの名前が表示されます。

        • [ユーザー]   リモートデータベースへの接続に使用するユーザー名が表示されます。

        • [製品名]   SQL Anywhere などの製品名が表示されます。

        • [バージョン]   選択されているデータベースのバージョン番号が表示されます。

 参照