Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[リモートサーバーのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [名前]   リモートサーバーの名前が表示されます。

  • [タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

  • [読み込み専用]   リモートサーバーが読み込み専用かどうかが表示されます。

  • [サーバータイプ]   データベースサーバーのクラスまたはソフトウェアプラットフォームが表示されます。ドロップダウンリストから別のソフトウェアプラットフォームを選択できます。

選択するサーバータイプによって、選択できる接続のタイプが制限されます。たとえば、[サーバータイプ] ドロップダウンリストから [一般] を選択すると、接続に使用できるのは ODBC のみになります。

  • [接続タイプ]   接続プロトコルとして、ODBC または JDBC を選択できます。

  • [オープンデータベースコネクティビティ (ODBC)]   このオプションを選択すると ODBC 接続プロトコルを使用できます。ODBC は [サーバータイプ] ドロップダウンリストに表示されているすべてのデータベースサーバーで使用できます。

  • [Java データベースコネクティビティ (JDBC)]   このオプションを選択すると JDBC 接続プロトコルを使用できます。JDBC は、Sybase SQL AnywhereSybase Adaptive Server EnterpriseSybase IQ のデータベースサーバータイプで使用できます。使用しているデータベースが Java に対応していない場合は、[Java データベースコネクティビティ (JDBC)] オプションは有効にはなりません。

    接続プロトコル ODBC と JDBC の詳細については、JDBC サポートODBC サポートを参照してください。

  • [接続情報]   データベースサーバーの名前やアドレスなどの起動接続パラメーターを指定できます。

データソースが ODBC の場合は、データソース名を入力します。JDBC アクセスの場合は、コンピューター名または IP アドレスとポート番号を hostname:portnumber の形式で入力します。

  • [接続テスト]   リモートサーバーの定義で指定した情報を使って正しく接続できるかどうかをテストします。

 参照