Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » QAnywhere プラグインのヘルプ » QAnywhere プラグインのプロパティウィンドウ

 

[ルールエディター] ウィンドウ

このタブには次の項目があります。

  • [条件]   リスト内の条件を編集するか、条件リストの下にあるボタンを使用して新しい条件を追加します。スケジュールされた時刻になると、各メッセージに条件が適用されます。メッセージが条件を満たしていれば、送信されます。

    • [メッセージ変数]   事前に定義されたメッセージ変数をリストから 1 つ選択します。そのメッセージ変数が条件リストに挿入されます。事前に定義されたメッセージ変数については、ルールエンジンで定義される変数を参照してください。

    • [ステータス定数]   事前に定義されたステータス定数をリストから 1 つ選択します。そのステータス定数が条件リストに挿入されます。ステータス定数のリストについては、ルールエンジンで定義される変数を参照してください。

  • [スケジュールタイプ]   次のいずれかのオプションを選択して、メッセージ転送を行うタイミングを決定するスケジュールポリシーを指定します。デフォルトでは、[自動] が選択されています。

    • [自動]   自動ポリシーは、クライアントメッセージストアとサーバーメッセージストアをできるかぎり最新の状態に維持します。

    • [カスタム]   カスタムポリシーを使用すると、メッセージ転送のタイミングと、そのメッセージ転送で送信するメッセージを定義できます。カスタムポリシーの内容は、ルールセットを使用して定義し、ファイルに保存します。[編集] をクリックし、メッセージ転送のタイミングを指定し、[OK] をクリックします。

 参照