Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[テーブルのプロパティ] ウィンドウ:[一般] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [名前]   テーブルの名前が表示されます。このフィールドでテーブルの名前を変更できます。

  • [タイプ]   オブジェクトのタイプが表示されます。

  • [所有者]   テーブルを所有するデータベースユーザーが表示されます。

  • [DB 領域]   テーブルが格納されているデータベースファイル (または DB 領域) が表示されます。このフィールドはベーステーブルだけに適用されます。

  • [コミットアクション]   このフィールドは、テーブルがグローバルテンポラリテーブルとして作成された場合にのみ表示されます。COMMIT が実行されるときにテーブルのローが削除されるか保存されるかが示されます。コミットアクションがない場合は、[なし (非トランザクション指向)] と表示されます。

  • [共有]   このフィールドは、テーブルがグローバルテンポラリテーブルとして作成された場合にのみ表示されます。テーブルがすべての接続で共有されるかどうかを示します。

  • [コメント]   テーブルの説明を入力します。たとえば、システムにおけるそのテーブルの目的を、この領域に記述できます。

 参照