Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » Interactive SQL のヘルプ » [オプション] ウィンドウ:[SQL Anywhere] タブまたは [オプション] ウィンドウ:[Ultra Light] タブまたは [オプション] ウィンドウ:[Sybase IQ] タブ

 

[オプション] ウィンドウ:[更新チェッカー]

SQL Anywhere がソフトウェアの更新をチェックするかどうか、およびチェックする場合はその頻度を設定できます。

任意のタイミングで更新をチェックできます。このことを行うには、[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 12] » [更新のチェック] を選択するか、または、Sybase Central、Interactive SQL、SQL Anywhere コンソールユーティリティの [ヘルプ] メニューを使用します。

このページには次の項目があります。

  • [更新をチェックする頻度を指定してください。]   次のいずれかのオプションを選択して、SQL Anywhere によって更新をチェックする頻度を指定します。

    • [アプリケーションの起動時]   このオプションを選択すると、Interactive SQL、Sybase Central、SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) を起動するたびに、SQL Anywhere によって更新がチェックされます。

    • [毎日]   このオプションを選択すると、毎日 Interactive SQL、Sybase Central、SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) のいずれかが初めて起動されたときに、SQL Anywhere によって更新がチェックされます。これはデフォルトです。

    • [週 1 回]   このオプションを選択すると、毎週 Interactive SQL、Sybase Central、SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) のいずれかが初めて起動されたときに、SQL Anywhere によって更新がチェックされます。

    • [月 1 回]   このオプションを選択すると、毎月 Interactive SQL、Sybase Central、SQL Anywhere コンソールユーティリティ (dbconsole) のいずれかが初めて起動されたときに、SQL Anywhere によって更新がチェックされます。

    • [チェックしない]   このオプションを選択すると、SQL Anywhere によって更新はチェックされません。

  • [チェックする項目を指定してください。]   次のオプションを自由に組み合わせて、SQL Anywhere でチェックする更新の種類を指定します。デフォルトでは、次のオプションが選択されます。

    • [バグフィックス]   このオプションを選択すると、SQL Anywhere によって Express Bug Fix がチェックされます。

    • [メンテナンスリリース]   このオプションを選択すると、SQL Anywhere によってソフトウェアのメンテナンスリリースがチェックされます。

    • [その他の情報 (製品やその他のお知らせなど)]   このオプションを選択すると、その他の情報 (新製品のリリースや予定されているイベントなど) がチェックされます。

 参照