Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » コンテキスト別ヘルプ » SQL Anywhere プラグインのヘルプ » SQL Anywhere プロパティ ウィンドウ

 

[統合ユーザーのプロパティ] ウィンドウ:[権限] タブ

このタブには次の項目があります。

  • [DBA]   このオプションを選択すると、ユーザーに DBA 権限が付与されます。DBA 権限を持つユーザーは、データベースを完全に管理できます。DBA 権限を参照してください。

  • [リソース]   このオプションを選択すると、ユーザーにリソース権限が付与されます。リソース権限を持つユーザーは、データベースオブジェクトを作成できます。リソース権限を参照してください。

  • [リモート DBA]   このオプションを選択すると、ユーザーに REMOTE DBA 権限が付与されます。SQL Remote Message Agent (dbremote) を実行する際も、セキュリティホールを作らずにアクションを確実に実行できるように、REMOTE DBA 権限を持つユーザー ID を使用する必要があります。GRANT REMOTE DBA 文 [Mobile Link] [SQL Remote]を参照してください。

  • [バックアップ]   このオプションを選択すると、ユーザーにバックアップ権限が付与されます。バックアップ権限を参照してください。

  • [検証]   このオプションを選択すると、ユーザーに VALIDATE 権限が付与されます。VALIDATE 権限を持つユーザーは、さまざまな VALIDATE 文による操作 (データベース、テーブル、インデックス、チェックサムなどの検証) を実行できます。VALIDATE 権限を参照してください。

  • [プロファイル]   ユーザーによるアプリケーションプロファイリングとデータベーストレーシングを許可します。プロファイル権限を参照してください。

  • [ファイル読み込み]   SELECT 文の OPENSTRING 句を使用したクエリファイルの使用を許可します。READFILE 権限を参照してください。

  • [クライアントファイル読み込み]   クライアントコンピューターにあるファイルの読み込みを許可します。READCLIENTFILE 権限を参照してください。

  • [クライアントファイル書き込み]   クライアントコンピューターにあるファイルへの書き込みを許可します。WRITECLIENTFILE 権限を参照してください。