Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 紹介 » データ交換テクノロジの概要 » 同期テクノロジの比較

 

SQL Remote の特徴

SQL Remote は、同期システム用に設計されたもので、以下の要件があります。

  • 多数のリモートデータベース   SQL Remote は、多数のリモートデータベースをサポートするように設計されています。多数のリモートサイトへのメッセージを同時に準備できるので、1 回のインストールで、数千のリモートデータベースをサポートできます。

  • 随時接続   SQL Remote は、ネットワークに随時または間接的に接続されるデータベースをサポートします。

  • 遅延時間:短~長   遅延時間が長いというのは、システムにおいて、あるデータベースにデータが入力されてからそのデータが各データベースにレプリケートされるまでのタイムラグが長いということです。SQL Remote の場合、レプリケーションメッセージは、秒、分、時間、または日単位の間隔で送信されます。

  • 容量:低~中   レプリケーションメッセージは随時配信されるので、各リモートサイトのトランザクションの容量が大きい場合は、メッセージの容量が大きくなります。SQL Remote は、1 つのリモートデータベースについてのレプリケーションデータが比較的低容量であるシステムに最適です。一方、統合サイトにおいては、同時に複数のサイトのメッセージを準備することで、SQL Remote は効率的にメッセージを準備します。

  • 同機種データベース   SQL Remote は、SQL Anywhere データベースをサポートします。システム内の各データベースは、同様なスキーマを持つ必要があります。