Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Anywhere 12 紹介 » データ管理テクノロジ » SQL Anywhere の内部構造

 

SQL Anywhere データベースサーバーの内部

SQL Anywhere データベースサーバーは、多くの要求を効率的に処理できる内部構造となっています。

  • 通信レイヤーが、クライアントアプリケーションとデータ交換を処理します。このレイヤーがクライアントアプリケーションから要求を受信して、その結果を返します。この動作のタイミングは、ネットワークトラフィックを最小に保ちながら、データができるだけ早くクライアント側に届くように、クライアントとサーバーのネゴシエーションによって決定されます。

  • パーサーが、データベースサーバーに送信された各 SQL 文をチェックして、それを内部フォームに変換して処理します。

  • 要求がクエリ、または更新や削除を行う文の場合は、データにアクセスするいろいろな方法があり、アクセスする時間もそれによってかなり異なる可能性があります。オプティマイザーは、必要なデータをすばやく取得するのに最適な方法を選択します。

  • データベースサーバーの最下位レベルがディスクからデータの読み込みと書き込みを行い、不必要なディスクアクセスを避けるためにデータをメモリにキャッシュし、複数のユーザーからの要求のバランスを調整します。

SQL Anywhere の内部アーキテクチャー。
 SQL Anywhere データベースサーバー:
 参照