Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの作成 » ユーザーパーミッション

 

多層階層

多層階層では、現在のデータベースの直下にあるすべてのリモートデータベースに REMOTE パーミッションが付与されます。階層内の現在のデータベースの直上にあるデータベースには CONSOLIDATE パーミッションが付与されます。

たとえば、統合データベースのパブリッシャー HeadOffice によって識別される統合データベースがあり、このデータベースにはリモートデータベース RegionalOffice が存在するとします。ただし、RegionalOffice データベースにもリモートデータベース Office が存在します。

統合データベース HeadOffice で、次の処理を実行します。

  • リモートデータベース RegionalOffice のパブリッシャーと同じ名前のユーザーを作成します。

  • ユーザー RegionalOffice に REMOTE パーミッションを付与します。このことによって、RegionalOffice が HeadOffice からメッセージを受信するデータベースとして識別されます。

RegionalOffice データベースで、次の処理を実行します。

  • 統合データベース HeadOffice のパブリッシャーと同じ名前のユーザーを作成します。

  • HeadOffice に CONSOLIDATE パーミッションを付与します。このことによって、HeadOffice が RegionalOffice の統合データベースとして識別されます。つまり、HeadOffice が、RegionalOffice にメッセージを送信するデータベースとなります。

  • RegionalOffice の直下にあるデータベースと同じ名前のデータベース Office と同じ名前のユーザーを作成します。

  • Office に REMOTE パーミッションを付与します。このことによって、Office が RegionalOffice からメッセージを受信するデータベースとして識別されます。

Office データベースで、次の処理を実行します。

  • 統合データベース RegionalOffice のパブリッシャーと同じ名前のユーザーを作成します。

  • RegionalOffice ユーザーに CONSOLIDATE パーミッションを付与します。このことによって、RegionalOffice が Office の統合データベースとして識別されます。つまり、RegionalOffice が Office にメッセージを送信します。

多層 SQL Remote システム。