Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの管理 » SQL Remote Message Agent (dbremote)

 

SQL Remote Message Agent (dbremote) モード

SQL Remote Message Agent (dbremote) は次のいずれかのモードで動作します。

  • 継続モード   継続モードでは、SQL Remote Message Agent (dbremote) は各リモートユーザーの送信頻度プロパティで指定された時刻に、定期的にメッセージを送信します。メッセージを送信していないときは、メッセージが到着すると受信します。

    継続モードは、メッセージが随時送受信される統合データベースにおいて有用です。負荷を分散させて迅速なレプリケーションを確実にするためです。

  • バッチモード   バッチモードでは、SQL Remote Message Agent (dbremote) は受信メッセージを受信して処理し、トランザクションログを 1 回スキャンし、出力メッセージを作成して送信した後、停止します。

    バッチモードは、たまに接続するリモートデータベースにおいて有用です。接続したときにだけ、統合データベースとメッセージを交換できるためです。たとえば、リモートデータベースがメインネットワークにダイヤルアップするようなときです。

 SQL Remote Message Agent (dbremote) の稼働条件
 参照