Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote

 

SQL Remote システムの管理

統合データベースから SQL Remote システムを配備して管理します。

 ♦ SQL Remote システムを配備して管理する
  1. 統合データベースを設定します。

    SQL Remote システムの作成を参照してください。

  2. SQL Remote システムを確認してテストします。

    SQL Remote システムを配備する前に、特に多数のリモートデータベースがある場合には、そのシステムを十分にテストしてください。

  3. リモートデータベースを作成し、設計の配備を行います。

    統合データベースの DBA として、次の手順で SQL Remote を配備します。

    1. 各リモートユーザー用の SQL Anywhere データベースとそのデータの最初のコピーを作成し、そのサブスクリプションを開始します。リモートデータベースの抽出を参照してください。

    2. 各リモートユーザーのコンピューターに、SQL Anywhere データベースサーバー、リモートデータベース、SQL Remote、クライアントアプリケーションをインストールします。組み込みデータベースアプリケーションの配備SQL Remote の配備を参照してください。

  4. SQL Remote Message Agent (dbremote) を実行してメッセージを交換します。

    メッセージを交換するには、次の手順を実行する必要があります。

    1. 統合データベースとリモートデータベースで SQL Remote Message Agent (dbremote) を継続モードとバッチモードのどちらで実行するかを決定します。 SQL Remote Message Agent (dbremote) モードを参照してください。

    2. ユーザー名、SQL Remote Message Agent (dbremote) 接続文字列、パーミッションなどが正しく、システムが適切に設定されていることを確認します。SQL Remote Message Agent (dbremote)を参照してください。

  5. メッセージを管理します。

    保証されたメッセージ配信システムを使用して、数多くのデータベース間でやりとりされるメッセージを管理します。保証されたメッセージ配信システムを参照してください。

  6. パフォーマンスを向上させます。

    SQL Remote パフォーマンスを参照してください。

  7. バックアップとリカバリの方式を実装します。

    統合データベースにバックアップとリカバリの方式を作成し、実装してください。SQL Remote システムバックアップを参照してください。

  8. エラーを処理します。

    レプリケーションエラーのレポートと処理を参照してください。

  9. 必要に応じて、ソフトウェアとデータベーススキーマをアップグレードします。

    アップグレードと再同期を参照してください。


リモートデータベースの抽出
再ロードファイルへのリモートデータベースの抽出
SQL Remote Message Agent (dbremote)
SQL Remote パフォーマンス
保証されたメッセージ配信システム
メッセージサイズ
SQL Remote メッセージシステム
SQL Remote システムバックアップ
統合データベースの手動リカバリ
統合データベースの自動リカバリ
レプリケーションエラーのレポートと処理
セキュリティ
アップグレードと再同期
SQL Remote のパススルーモード
サブスクリプションの再同期