Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの作成

 

ユーザーパーミッション

SQL Remote では、リモートデータベースと統合データベースのパーミッションを持つユーザーを管理するための、一貫性のあるシステムを採用しています。

SQL Remote のレプリケーションに含まれるデータベースのユーザーは、次の 1 つ以上のパーミッションで識別されます。

  • PUBLISH   SQL Remote システム内のすべてのデータベースが情報をパブリッシュします。したがって、どのデータベースにもパブリッシャーが必要です。パブリッシャーを作成するには、1 人のユーザーに PUBLISH パーミッションを付与します。パブリッシャーユーザーは、SQL Remote システム全体でユニークとする必要があります。データを送信するとき、パブリッシャーはそのデータベースを表しています。たとえば、データベースがメッセージを送信するとき、メッセージにはデータベースのパブリッシャーユーザー名が含まれています。データベースがメッセージを受信する場合は、メッセージに含まれるパブリッシャー名によって、メッセージを送信したデータベースを識別できます。

  • REMOTE   統合データベースなど、他のデータベースにメッセージを送信するデータベースでは、メッセージの送信先となるリモートデータベースを指定する必要があります。統合データベースでこれらのリモートデータベースを指定するには、リモートデータベースのパブリッシャーに REMOTE パーミッションを付与します。REMOTE パーミッションによって、現在のデータベースからメッセージを受信するデータベースが識別されます。

  • CONSOLIDATE   各リモートデータベースでは、メッセージを受信する統合データベースを指定する必要があります。リモートデータベースで統合データベースを指定するには、統合データベースのパブリッシャーに CONSOLIDATE パーミッションを付与します。リモートデータベースは、1 つの統合データベースからのメッセージのみを受信できます。CONSOLIDATE パーミッションによって、リモートデータベースにメッセージを送信するデータベースが識別されます。

これらのパーミッションについては SQL Remote のシステムテーブルに定義されており、他のデータベース権限やパーミッションからは独立しています。

 抽出ユーティリティ (dbxtract) によるパーミッションの自動設定
 参照

単層階層
多層階層
PUBLISH パーミッション
REMOTE パーミッション
CONSOLIDATE パーミッション
REMOTE DBA 権限