Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの管理

 

統合データベースの自動リカバリ

次の手順では、統合データベースを自動的にリカバリする方法について説明します。 トランザクションログを手動で適用する場合は、統合データベースの手動リカバリを参照してください。

 ♦ -ad オプションを使用してデータベースをリカバリする
  1. データベースとトランザクションログファイルのコピーを作成します。この手順では、データベースファイルは事前にバックアップされており、テープなどに保存されていることを想定しています。

  2. データベース (.db) ファイルの最新のバックアップコピーをテープからテンポラリディレクトリにリストアします。トランザクションログファイルはリストアしません

  3. テンポラリディレクトリで、次の処理を実行します。

    1. データベースを起動し、-ad オプションを使用してトランザクションログを適用します。

      -ad オプションを指定すると、データベースサーバーは指定されたディレクトリでデータベースのトランザクションログを検索します。次にトランザクションログの正しい順序を特定し、トランザクションログオフセットに基づいてログを適用します。

    2. 現在のトランザクションログをテンポラリディレクトリにコピーします。

    3. データベースを起動し、現在のトランザクションログを適用します。

    4. データベースサーバーを停止します。

    5. データベースとトランザクションログをバックアップします。

  4. データベースとトランザクションログファイルを適切な運用ディレクトリにコピーします。

  5. システムを通常どおり再起動します。

    新しいアクティビティは、すべて現行のトランザクションログに追加されます。

 例
 参照