Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの作成 » ユーザーパーミッション

 

REMOTE DBA 権限

REMOTE DBA 権限を持つユーザー名は、SQL Remote から接続した場合にのみデータベースの完全な DBA 権限を付与されます。REMOTE DBA 権限がある場合、SQL Remote はデータベースに完全にアクセスでき、メッセージで指定された変更を行うことができます。SQL Remote を実行できるのは、REMOTE DBA 権限または DBA 権限のあるユーザーのみです。

特別な権限として、REMOTE DBA には次のような性質があります。

  • SQL Remote 以外からの接続では特別なパーミッションはなし   REMOTE DBA 権限を付与されたユーザーは、SQL Remote 以外からの接続に対して特別な権限を持ちません。したがって、REMOTE DBA ユーザーのユーザー名とパスワードを大勢に配布しても、セキュリティの問題は発生しません。そのデータベースで CONNECT より上のパーミッションが付与されたユーザー名を使用しないかぎり、データベース内のデータにアクセスすることはできません。

  • SQL Remote からの完全な DBA パーミッション   SQL Remote から接続している場合、REMOTE DBA 権限を持つユーザーには、データベースに対する完全な DBA パーミッションが付与されます。

 REMOTE DBA 権限を付与するタイミング
 参照

REMOTE DBA 権限の付与
REMOTE DBA 権限の取り消し