Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote

 

SQL Remote システムの作成

統合データベースを使用して、すべての SQL Remote 管理タスクを実行します。以下に、SQL Remote システムを作成するために実施すべき手順の概要を示します。

 ♦ SQL Remote システムを作成する
  1. SQL Anywhere 統合データベースを選択するか、または新しい SQL Anywhere データベースを作成します。統合データベースからリモートデータベース (これも SQL Anywhere データベースです) が作成されます。

    新しい SQL Anywhere データベースを作成する場合、SQL Remote がどのようにプライマリキーを使用するのかを念頭に置く必要があります (リモートデータベースが統合データベースをレプリケートする場合、プライマリキーが重複する可能性があります)。プライマリキーカラムのデータ型に、グローバルオートインクリメントを使用した BIGINT を選択すると実用的です。

  2. レプリケートするデータを決定します。

    効率的なレプリケーションシステムを作成するには、使用するテーブル、そのテーブルのカラム、レプリケートするローのサブセットを決定する必要があります。必要な情報のみを含めるようにしてください。

  3. 統合データベースにパブリケーションを作成します。

    SQL Remote では、パブリッシュ/サブスクライブモデルを採用しており、適切な情報が目的のユーザーに必ず届けられます。統合データベースのパブリケーションにレプリケートするデータを整理してください。

  4. 統合データベースにパブリッシャーユーザーを作成します。

    パブリッシャーは PUBLISH 権限を持つユーザーです。

  5. 統合データベースにリモートユーザーを作成します。

    リモートユーザーを使用して、リモートデータベースをユニークに識別します。

    リモートユーザーを作成する場合は、データを転送するときに使用するメッセージタイプを定義し、必要に応じてデータを送信する頻度を定義します。

  6. サブスクリプションを作成し、パブリケーションに対してリモートユーザーをサブスクライブします。

  7. リモートユーザーがデータをどのように使用するかを決定します。

    リモートユーザーは、自分のデータを常に読み込むことができます。また、リモートユーザーにはデータの更新、削除、挿入も許可できます。

  8. 競合を解決する方法を選択します。

    リモートユーザーがデータを更新、削除、挿入すると、レプリケーション時に競合が発生する可能性があります。競合を解決する方法を実装する必要があります。

  9. SQL Remote システムを配備します。

    リモートデータベースを作成して、適切なソフトウェアをインストールします。

 参照

パブリケーションとアーティクル
ユーザーパーミッション
サブスクリプション
トランザクションログベースのレプリケーション
レプリケーションの競合とエラー
更新の競合
ローが見つからないエラー
参照整合性エラー
重複プライマリキーエラー
リモートデータベース間でのローの分割
データ分割の切断
重複分割
リモートデータベースのユニークな ID 番号