Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの管理

 

SQL Remote システムバックアップ

SQL Remote レプリケーションは、トランザクションログ内のオぺレーションへのアクセスと、古いトランザクションログへのアクセスに依存して行われます。実装するバックアップ方式には、SQL Remote のトランザクションログの管理を組み込んでください。

現在のトランザクションログと古いトランザクションログが不要になるまでは、SQL Remote Message Agent (dbremote) がこれらのログにアクセスできるようにしてください。

統合データベースがそのトランザクションログを必要としなくなるのは、すべてのリモートデータベースが受信を完了し、トランザクションログに含まれるメッセージが正常に適用されたことを確認したときです。

リモートデータベースがそのトランザクションログを必要としなくなるのは、統合データベースが受信を完了し、トランザクションログに含まれるメッセージを正常に適用したことを確認したときです。

 リモートデータベースのバックアップ
 統合データベースのバックアップ
 バックアップユーティリティ (dbbackup) と SQL Remote Message Agent (dbremote) の -x オプション
 参照

リモートデータベースのトランザクションログの管理
メディア障害からの統合データベースの保護
統合データベースのバックアップ