Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SQL Anywhere 12.0.1 » SQL Remote » SQL Remote システムの作成 » 更新の競合

 

トリガーを使用したカスタム競合解決

カスタム競合解決はいくつかの手法を取ることができます。たとえば、アプリケーションによっては、解決は次のようになる可能性があります。

  • 元のトランザクションの日付を比較します。

  • 2 つ以上の更新の結果に対して計算を実行します。

  • 競合をテーブルにレポートします。

カスタム競合解決を使用するには、RESOLVE UPDATE トリガーを記述する必要があります。

 RESOLVE UPDATE 競合解決トリガーの使用
 CURRENT REMOTE USER 特別値の使用
 参照

日付の競合解決
在庫競合解決